「ほっ」と。キャンペーン

魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

にわとり

高学年の図画工作科の教材として、
図工の先生が、鶏のつがいを二組、借りてこられた。
一年生の教室の真横の中庭に、
大きなゲージに入れられたにわとりたちが置かれた。

a0042798_448211.jpg


驚くほど、立派なにわとりに、一年生は興味津々。
授業中、「コケコッコー!」と、
見た目と同じく、ものすごく立派な雄叫びがあがる。

おそらく、雄鳥の鳴き声を生まれて初めて聞いた子がほとんどの一年生。
立派な雄鳥の立派な「コケコッコー!」に、
教室中が一瞬かたまってしまった。

そんなことは、おかまいなしに、雄鳥は二度、三度と雄叫びをあげる。
何のリアクションもせず、かたまったままの一年生。

すると突然、はやてが叫んだ。

「おえおっおーーーーーーー!」

雄鳥が、それに呼応するように鳴き返す。

はやてが、また叫ぶ。

「おっえおっおーーーーーーーーー!」

はやては、小さな身体全体で叫んでいる。
他の子どもたちは、誰1人笑うわけでもなく、聞いている。

はやての雄叫びは、まさに雄鳥そのものだった。
すごいな、一年生。

にわとりは「コケコッコー」と鳴くもの。
人は成長する中で、様々なことをすり込まれ、
本来持っている五感を閉ざしていく。

でも、一年生は違う。
何の先入観もなく、雄鳥の雄叫びを身体全体で感じ、
感じたままに、表現できる。

そうだ、にわとりの鳴き声は「コケコッコー」ではないのだ。

後で、二年生の先生から聞いたのだが、
二年生の子どもたちは、
初めて雄鳥の鳴き声が聞こえた時、爆笑したそうだ。

一年の経験の違いは、とても大きい。
でも、成長とともに、失っていくものもあるのかもしれない。
[PR]
# by yonegon_gon | 2012-06-23 07:26 | 魔法学校

久しぶりです

ほんとに久しぶりに、書きます。

十年ぶりに1年生の担任になった。
うちの学校に限るかもしれないが、
最近の一年生は知識が豊富な子が多い。

この間の金環日食のメカニズムですら、知っている子もいる。
公文で4年生の勉強までやっている子もいたり・・・

でも、やっぱり1年生は特別だ。
先日、朝顔の種を植えた。
最近は、朝顔セットを買うとすべてがそろう。
種はもちろん、腐葉土、肥料、植木鉢に支柱、
それにペットボトルにつける、水やり用に穴の空いたキャップ。

それらすべてを、指示通りぶちこんでおしまい。

「さあ、みんな、明日からしっかり水をあげてね。」

にっこり笑って、教室に戻ろうと思った時、
誰かがちょんちょんとおしりをつついた。

ふりかえると、申し訳なさそうな顔でかえでちゃんが見上げていた。

「あら、かえでちゃん。どうかした?」
「はさみのキャップ・・・・・。」
「キャップがどうしたの?」
「朝顔といっしょにうめちゃったの。」
「・・・・そ、そうか・・・。」

2人は、しばし黙って見つめ合った。
キャップごと種、植えちゃったのね。かえでちゃん。^^;

a0042798_430629.gif

[PR]
# by yonegon_gon | 2012-06-23 06:18 | 魔法学校

子どもたちの成長

1学期はまるで濁流のように流れすぎた。
梅雨に入り、教室は暑く、小さな二台の扇風機だけが、
40人の熱気をかきまぜていた。

でも、この1学期で子どもたちは、ずいぶん、
いえ、ものすごく成長してくれた。

体育の授業のことを、以前に書いた。
授業に入るまで何分かかるかわからないと。
でも、今は、集まるとすぐに準備体操。
体操が終わると、体をほぐすための鬼ごっこ。
全部、体育係さんが中心になって、
あっという間にやってくれるようになった。

授業中も、しっかりお話を聞いてくれるし、
質問するといっぱい答えが返ってくる。
国語や算数の授業で疲れると思ったことはない。

1学期のはじめから教室で使っているアイティムがある。
キッチンタイマー。

38人もいると、いくら「早くしなさい!」とか、
「5分で!」とか叫んでも、届かない。

そこで、キッチンタイマーが登場。

「はい、5分でやってね。」「ピピピピ。」っと、
タイマーを合わせて黒板に貼り付ける。

すると子どもたちは、なんだかうれしそうにあわててくれる。

1学期、使ってきたタイマーだが、
先日ふと思ったのだ、5分が長くなったと。

何かするのに、「はい5分!」とタイマーをあわす。
でも、だいたい2分か3分で、みんなやってしまう。
タイマーが鳴るまでかかることは、全くなくなった。

大掃除の日、わたしは中庭の畑の草引きを手伝った。
チャイムが鳴って教室に戻ると、廊下で、
教室の掃除当番の子たちが、にこにこしながら待っていた。

「よねごん、ばっちりきれいにしたよ。」
「早く、見て!」

教室に入ると、何と!
ごちゃごちゃしていた後ろのロッカーの上が、とてもきれいに片付けられ、
机はきちんと並べられ、本棚も私の机の上も、
見違えるようにきれいに整頓されていた。

「うそ、すごい!」

ひまわりから、森先生も来てびっくりしていた。

教室掃除の子どもたちは、とってもうれしそうに威張っていた。

すごいね、2年生。
確実にどんどん成長してくれています。

2学期も、のんびりがんばろう!
a0042798_2222655.gif

[PR]
# by yonegon_gon | 2010-07-22 22:02 | 魔法学校

落ちる運命

教室は狭い。授業中、机間巡視をするときも、
通路はよねごんの大きなおしりでぎりぎりだ。

雨の日が続く梅雨の季節は、休み時間、
子どもたちが教室でいろんなことをして遊んでいる。
けがも少なく、上手に遊んではいるのだが、
ちょっと移動するだけで、机の上や横の物が落ちる。

別に走って通るわけでもないのに、落ちる。

私が大切に使ってきた手動の鉛筆削りも、
二個あるうち一個は、ついに割れてしまった。

残りの一個を死守するべく、置き場所に注意してはいるのだが、
「ガチャン!」
気がつくと、落ちている。

「ええい、これでどうだ!」
鉛筆削りを拾い上げ、教卓のど真ん中に置く。

「ここなら、絶対落ちないね。」
一緒に折り紙をしていたあみちゃんにほほえんで、
折り紙にいそしんだ。

「ガチャン!」・・・・また、落ちた・・?

見ると、鉛筆削りはみごとに床に落ちていた。

考えてみれば、鉛筆削りは鉛筆を削るためにあり、
手動の鉛筆削りは手元に引き寄せなければ削れない。
だから、机のど真ん中に置こうと、棚の上に置こうと、
鉛筆削りは落ちるのだ。

「この鉛筆削りは落ちる運命にあるんだね。きっと。」
とあみちゃんに言ったけど、
あみちゃんは知らん顔だった。

どうか、2年生が終わるまで鉛筆削りがもちますように。
a0042798_23555785.jpg

[PR]
# by yonegon_gon | 2010-07-19 23:56 | 魔法学校

賢い子どもたち

今年はボランティアの方々がたくさん来てくださって、
学級園に植えた野菜も大変立派に育っている。
土作りから苗植え、その後のケアまで、
実に丁寧にやってくださって、
毎年植えはしたもののほったらかし、
草ボウボウになっていた学級園の畑も、
今年は立派な野菜がたくさん育っている。

子どもたちは、それぞれに世話をする野菜を決め、
水やりと草引きをすることにした。

私は忙しさにかまけて
なかなか畑を見に行くことができなかったが、
晴れの日が続いた日、
ふと気になって運動場に行こうとする子に

「野菜に水あげた?」と聞いてみた。

すると彼女は、
「今日は私の番じゃないの。」と、
こともなげに言って走り去った。

「あ、そう。」

取り残された私は、考えた。
なるほど、一つの野菜を2~3人で育てているのだが、
子どもたちは自分たちで相談して、何曜日は誰が水やりと決めているようだ。
2年生、なかなかやるもんだ。無駄がない。

 渡りローかを通ると、中庭に突き出たコンクリートの上に、
いつも小さな鍬とスコップがきちんと並べてある。

晴れの日も、雨の日も、きちんと。

中庭掃除の子どもたちが使い終わった道具を置いてあるのだ。
いつ見ても、ほほえましくて笑顔になる。

オクラの苗に病気が出て、もう駄目だなあと思っていた。
最初の収穫に行ったとき、オクラは元気になっていた。

オクラを育てている子どもたちが、
病気になった葉をこまめにはさみでちょん切っていたらしい。
子どもたちは、賢い。  

大人がわいわい言わなくても、
子どもたちはちゃんと考えている。

大人から見れば遠回りだったり、穴だらけだったりするが、
失敗したりうまくいかなかったりする経験を乗り越えて学んでいくものだ。

「ああしなさい。」「こうしなさい。」と言われて
ロボットのように動いていては、考える力は育たない。

「信頼、辛抱、楽天的」
そういう言葉を持った大人がまわりにいると、
子どもたちの生きる力は育つ。

とは言え、日常の忙しさに追われていると、
ついつい余計な小言を言いたくなる。

反省。
a0042798_18352074.gif

[PR]
# by yonegon_gon | 2010-07-04 18:36 | 魔法学校

町たんけん

生活科という科目ができたのは、何年前だろう。
この生活科で「町たんけん」という単元がある。
教科書では、グループで町にでかけ、お店の人や
道行く人にインタビューしたりすることになってるんだけど、
二年生のおちびさんたちに、そんなことさせる勇気は、
私にはない。

ので、ぞろぞろと38人ひきつれて、町中をうろついた。

とにかく、毎週行事が多く、町たんけんのあと
子どもたちに書いてもらった「たんけんメモ」に、
今日、やっと目を通した。

あんまりかわいかったので、載せます。
横に書いたり、縦に書いたりですが、考えて読んでください^^;


a0042798_20224082.jpg
a0042798_20224724.jpg
a0042798_2022546.jpg
a0042798_202338.jpg

a0042798_20243659.jpg

[PR]
# by yonegon_gon | 2010-06-12 20:25 | 魔法学校

春の校外学習

 みんなが楽しみにしていた春の校外学習、
「海遊館」への遠足も無事終わった。
この時期の金曜は、おそらく、どこの観光地も遠足の子どもたちでいっぱい。
海遊館も同じだった。

 学校を8時半に出発して、9時半に着く。
バスを降りて海遊館の入り口に近づくと、
すでにあちこちから来た小学生や中学生がたくさん並んで入場を待っていた。

海遊館の中は、まるで年末大売り出しのトイザらスのように、
子どもたちでごったがえし、
小さい一年生や二年生は、水槽に近づくのも大変で、
背伸びしてもなかなかジンベエザメが見られない有様。
それでも、人の隙間をぬってなんとか魚たちにたどり着いては、
迷子にならないように、あわてて走って戻ることを繰り返し、

一時間あまり見学をした頃には、みんな疲れ果て、
お腹がぺこぺこになっていた。

海遊館のスタッフが意図的に配置したとは思わないが、
水槽の最後にいるのは、この写真のタカアシガニだった。
a0042798_20401585.jpg

そこにたどり着いた時、わたしも子どもたちも、全く同じことを考えたようだ。
誰かが言った。

「食べたい・・。」

ほんとにお腹がすいていた。
もし、この最後の水槽にアロワナや、サメがいたなら、
きっとそうは思わなかったのだけど。

二年生のみなさんは、水槽にかじりついて、「食べたい。」と言った。
わたしも口には出さなかったけれど、おいしそうだと思った。

タカアシガニさん、ごめんなさい。
[PR]
# by yonegon_gon | 2010-05-26 20:41 | 魔法学校

図工

 私は、小学校のころ、絵を描くのは好きだった。
でも、いつも下書きでは満足できる出来上がりなのに、
絵の具を塗るとぶちこわしになった。
絵の上手な友だちの描きかけの作品と見比べては、
自信をなくしていったのを覚えている。
それで、子どもたちにも聞いてみた。

「えんぴつで描くとばっちりなのに、
絵の具をぬると、ぐちゃぐちゃに
なっちゃうって人、いますか?」
「はーい!」「はーい!」
と小さな手があがる。

「私もそうでした。よし、二年生の終わりには、
絵の具で描いてもばっちりになるよう、わたしがしてしんぜよう。」

私の安請け合いを、子どもたちが、信じてくれたかどうかは定かではない。

「キミ子方式」という絵の指導方法がある。
「Do not paint free but paint to be free.」
「絵は自由に描くのではなく、自由になるために描く。」
これが、キミ子さんの理念。

この指導方法で描いた子どもたちの絵を見て、
「みんな同じに見える。」
と批判する人たちがいた。

その通りなのだけれど、それは裏を返せば
「みんな同じレベルの描く技術を得る。」ということだ。

スタートはそこからだと、私は思っている。
自分もみんなと同じように描けるんだという自信は、
その子をしっかり後押ししてくれる。

さて、先日、二回目の図工で「夢のお家」を描いてもらった。
これは、指導も何もない。
子どもたちが、住んでみたい、
あったらいいなあと思う家を自由に描くというもの。

どの子も夢中になって描いている。

「ねえ、ねえ、よねごん。」
「はい?」と顔をあげると描きかけの作品を持ったおちびさんが目の前に。

そこから、その作品の説明が延々と続く。
自分の描いた絵を指さしながら、
一生懸命説明してくれる子どもの顔は、とても生き生きと楽しそうだ。

満足するだけ話すと、また机にもどっていく。
ふだんは口数の少ない数人の子たちも、このときは違った。
自分の頭の中に広がるイメージを、一生懸命伝えようと、
絵の力をかりてどんどん話してくれる。

「へー、すごい!」「あーわたしも、そこにいっしょに住みたいなあ。」
わたしの相づちに満足げに机にもどり、またどんどん描いていく。
38人の子どもたちのイメージが、教室いっぱいにあふれているのを感じながら、
もう数十年前にそんな自由な感性を置き忘れてきた私は、
なんともうらやましかった。
a0042798_22271356.gif

[PR]
# by yonegon_gon | 2010-05-05 22:27 | 魔法学校

体育

ほとんどの子どもたちが大好きな体育。
着替える時間もそれぞれ。
さっさと着替えて運動場に走っていく子もいれば、
一枚脱いできちんとたたみ、また一枚と
マイペースで着替えている子もいる。
みんなが着替えて行っちゃった教室には・・・

a0042798_88338.jpg


昨日の体育は、体育館だった。
全校朝会で学級ごとに並ぶのだが、
二年生だけがずらっと長いので、
森先生の忠告に従い四列に整列することにした。
四人ずつ、背の順番に並べて、はい終わり、にならないのが二年生。

一度並んだくらいで安心してはいけない。
森先生に体育館のすみに走ってもらい、
「森先生のところに四列に整列!ゴー!」と叫ぶ。
子どもたちは、「きゃーっ」と叫びながら走り始める。
聞いてなかった子も、みんなの勢いで走っていく。
「いーち、にー、さーん、しー・・・。」
数えながら、何秒かかるかを知らせる。

「きゃーきゃー、わいわい!」
さっき並んだばかりなのに、迷子になっている子が数名。
とりあえず、これを数回くりかえし、20秒以内に並ぶことができた。
次の体育の時間まで覚えてくれているといいのだが。

で、その後、6つのグループに分かれてリレーをした。
体育館の端に六列に整列してよーいドン!で走り、
ステージの壁にタッチして戻ってきて、次の走者にタッチ。
ただひたすら走るリレー。
楽しく走り始めた子どもたち。

にこにこしながら見ている私に森先生が言った。
「一つのグループ、7人ですね。」
あ、そうだ・・最後、あのグループだけ走者が残ってしまうなあ。
かわいそうに。

しかし、その心配は必要なかった。
なぜなら、子どもたちはグループの6人が全員走り終えても、
まだ走っていくのだ。

あれ?六番目の子が走り終えると、待っていた一番目の子にタッチ。
かくして、リレーは延々と続くことに・・・。

なるほど、二年生ってまだチームで競争という意識がないんだなあ。
今、走っている隣の子より速く走る、それが楽しいのだ。
私は妙に感心しながら、いつ終わるともわからないリレーを見ていた。
子どもたちって面白いですね。
[PR]
# by yonegon_gon | 2010-05-02 08:10 | 魔法学校

学級通信

何年ぶりかで学級通信を出すことにした。
それで、学級通信の名前を考えていた。
せっかく、久しぶりに出すんだから、
すてきな名前をつけたい。

つばさ・・朝の連ドラだ。
希望・・二年生には読めない。
こころ・・・これも、朝ドラ
ともだち・・これは、学年便りの名前
ふぁいと・・ありきたりか

珍しくけっこう悩んだが、結局、現実を見ることにした。
急がない、焦らない、あわてない。ということで、
学級通信の名前は「のんびり」

ま、悩んだわりには、こんなもんです。
38人と暮らすには、のんびり行くのが一番。

a0042798_23102292.gif

[PR]
# by yonegon_gon | 2010-04-27 23:11 | 魔法学校