魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

春の校外学習

 みんなが楽しみにしていた春の校外学習、
「海遊館」への遠足も無事終わった。
この時期の金曜は、おそらく、どこの観光地も遠足の子どもたちでいっぱい。
海遊館も同じだった。

 学校を8時半に出発して、9時半に着く。
バスを降りて海遊館の入り口に近づくと、
すでにあちこちから来た小学生や中学生がたくさん並んで入場を待っていた。

海遊館の中は、まるで年末大売り出しのトイザらスのように、
子どもたちでごったがえし、
小さい一年生や二年生は、水槽に近づくのも大変で、
背伸びしてもなかなかジンベエザメが見られない有様。
それでも、人の隙間をぬってなんとか魚たちにたどり着いては、
迷子にならないように、あわてて走って戻ることを繰り返し、

一時間あまり見学をした頃には、みんな疲れ果て、
お腹がぺこぺこになっていた。

海遊館のスタッフが意図的に配置したとは思わないが、
水槽の最後にいるのは、この写真のタカアシガニだった。
a0042798_20401585.jpg

そこにたどり着いた時、わたしも子どもたちも、全く同じことを考えたようだ。
誰かが言った。

「食べたい・・。」

ほんとにお腹がすいていた。
もし、この最後の水槽にアロワナや、サメがいたなら、
きっとそうは思わなかったのだけど。

二年生のみなさんは、水槽にかじりついて、「食べたい。」と言った。
わたしも口には出さなかったけれど、おいしそうだと思った。

タカアシガニさん、ごめんなさい。
[PR]
by yonegon_gon | 2010-05-26 20:41 | 魔法学校