魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

子どもたちの成長

1学期はまるで濁流のように流れすぎた。
梅雨に入り、教室は暑く、小さな二台の扇風機だけが、
40人の熱気をかきまぜていた。

でも、この1学期で子どもたちは、ずいぶん、
いえ、ものすごく成長してくれた。

体育の授業のことを、以前に書いた。
授業に入るまで何分かかるかわからないと。
でも、今は、集まるとすぐに準備体操。
体操が終わると、体をほぐすための鬼ごっこ。
全部、体育係さんが中心になって、
あっという間にやってくれるようになった。

授業中も、しっかりお話を聞いてくれるし、
質問するといっぱい答えが返ってくる。
国語や算数の授業で疲れると思ったことはない。

1学期のはじめから教室で使っているアイティムがある。
キッチンタイマー。

38人もいると、いくら「早くしなさい!」とか、
「5分で!」とか叫んでも、届かない。

そこで、キッチンタイマーが登場。

「はい、5分でやってね。」「ピピピピ。」っと、
タイマーを合わせて黒板に貼り付ける。

すると子どもたちは、なんだかうれしそうにあわててくれる。

1学期、使ってきたタイマーだが、
先日ふと思ったのだ、5分が長くなったと。

何かするのに、「はい5分!」とタイマーをあわす。
でも、だいたい2分か3分で、みんなやってしまう。
タイマーが鳴るまでかかることは、全くなくなった。

大掃除の日、わたしは中庭の畑の草引きを手伝った。
チャイムが鳴って教室に戻ると、廊下で、
教室の掃除当番の子たちが、にこにこしながら待っていた。

「よねごん、ばっちりきれいにしたよ。」
「早く、見て!」

教室に入ると、何と!
ごちゃごちゃしていた後ろのロッカーの上が、とてもきれいに片付けられ、
机はきちんと並べられ、本棚も私の机の上も、
見違えるようにきれいに整頓されていた。

「うそ、すごい!」

ひまわりから、森先生も来てびっくりしていた。

教室掃除の子どもたちは、とってもうれしそうに威張っていた。

すごいね、2年生。
確実にどんどん成長してくれています。

2学期も、のんびりがんばろう!
a0042798_2222655.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2010-07-22 22:02 | 魔法学校