魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

画家の日々

1週間ほど前だろうか、百均で買った8色のクレヨンが机にあった。
ので、休み時間、なにげにノートに、絵を描いていた。

百均のクレヨンは、何とも硬い。色鉛筆を束にしたって感じだ。
手前に木、それから少し木の根っこに草・・・向こうに山・・・

すると、隣にゆうとくんがやってきた。

「何描いてるの?」

「ん?ああ、そうね、いつか見た景色。」

「ふうん、それちょうだい。」

「いいよ。」

これが、始まりだった。
私のお世辞でもうまいとは言えない絵は、
またたくまに、おちびさんたちの評判となり、
注文が殺到。

かくて、私は上野公園で似顔絵描いてるおじさんたちよろしく、
毎日、休み時間に風景画を、百均のクレヨンで描く羽目になった。

今日描き上げたのは、みさちゃんご注文の
「秋の湖」

湖と木を描いたところで、はたと手が止まった。
ちょうど、こうちゃんが通ったので、呼び止めて聞いた。

「こうちゃん、この湖の向こうに、何があると思う?」

こうちゃんは、しばらく、描きかけの絵を見つめて言った。

「家。赤い屋根の家が二つ。」

「ほほう。」

「それから、山。少し遠くに山。」

「ありがとうございました。」

で、こうちゃんの助言で出来上がった絵がこれである。

a0042798_18553838.jpg


あと、13枚ほど予約が入っている。
ざっと、以下のような内容で。

1・夏の海 カモメが飛んでいるの  つぐみちゃん
2・桜の咲く春の朝           はるちゃん
3・遠い外国の森の夏         りゅうまくん
4・花火の夜               あやかちゃん
5・海辺の夕暮れ            まゆかちゃん
6・富士山から見える街        よしきくん
7・草原の朝 夏の始まり       こうちゃん

まだまだ、続くんだけど。

1年生ってロマンチスト。
あたしに絵の才能があったらなぁ。

zukoさんに、頼みにいこうか・・・ぼそ。
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-20 19:08 | 魔法学校