魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

トガサワラ原生林

今朝、学校に行ってたんぽぽにいると、NoB先生がやってきた。
片手にメモリースティック。

「あの、秋に行ったトガサワラ原生林で、てんとう虫がいっぱいかたまってたんです。
その写真があるんで、よかったらどうぞ。」

あ・・昨日のブログ、読んでくれたんだ。

NoB先生はこの秋の3連休に、県の理科の研究会で、
奈良県の奥深くにあるトガサワラ原生林に行って死にかけてきたのだ。
といっても、危険な経験をしたわけではない。
めちゃくちゃしんどかったらしい。

スキーのインストラクターまでやってた彼が、めちゃくちゃしんどかったんだから、
それは想像を絶するものだったんだろう。

a0042798_2157199.jpg

なんともかわいいてんとう虫さん。

じんくんに報告せねばと待っていたのに、
結局、今日彼はたんぽぽに現れなかった。
虫探しの旅にでも出たのだろうか。






ところで、NoB先生が行ってきた「トガサワラ原生林」は、
実は私のふるさとにある。
奈良の吉野の奥、川上村というところ。

大きなダムができて、家が水没するため、
大学生のころに盆地のほうに引っ越してきた。
空の広さに感動し、四季の移り変わりの変化の少なさに失望したのを覚えている。

もう帰っても、思い出の場所はすべてダムの底という、ふるさとである。

a0042798_2291876.jpg

さて、ついでにこの「トガサワラ原生林」について少し書いておこう。
トガサワラという樹木はマツの仲間で、生きた化石ともいわれている。
紀伊半島中南部と高知県東部にしか分布していないのだそう。
川上村の林のほとんどは人工林であるが、ここら辺りは天然林なのだ。
水源地であるこの天然林を、村の人たちは守ってきたのだろう。
でも、どうやらここにもダムがやってくるらしい。

a0042798_22141383.gif


人間はなんておばかなんだろう。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-02-21 22:16 | 魔法学校