魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

生活科で野菜を植えるために、
今日は、2年生の花壇の草引きをした。
怪力よねごんが、ずばっと草を抜くたびに、
子どもたちからやんやの歓声があがり、
いつものように調子にのりすぎてかなり疲れた。

一輪車に抜いた草を山積みにして、
学校の裏に捨てに行くと、見慣れない草花があった。
実は、よねごんは昔、野草のHPを作っていたのである。
でも、この草花には見覚えがなかった。
調べてみなければと、写真を撮った。
a0042798_18451576.jpg


お昼からよねごんは一人で、せっせせっせと花壇を耕し、
畝をいくつも作った。
風はまだ少し冷たかったけれど、久しぶりのお天気で気持ちよく汗を流せた。

私は、山奥の出身だが父がサラリーマンだったので、農作業の経験は全くない。
でも、小学校の先生というのは何でもでやらなければならないのである。
思い起こせば、田植えをしたり、電動糸鋸で木工をしたり、
実に様々なことを経験してきた。しみじみ・・・

お昼休みには、ようくんとかなもとくんとまほちゃんが手伝いに来てくれた。
ようくんは、くわを持つとどうしても悟空になってしまうのか、
気がつくと、土を耕さずにくわを振り回していたが。

さて、これが完成した畑。
a0042798_185082.jpg

ここにやがてたくさんの野菜が植えられることになる。
おいしい野菜がいっぱい育ちますように。
大地と太陽の神様にお願いしましょう。







あの写真の野草、何かわかりましたぞ。

ヒメオドリコソウ
2年草
ヨーロッパ原産で、明治時代に帰化した。茎は高さ10~25cmで根元は横にはい、下部の葉は丸い卵形で長い柄がある。上部の葉は三角状の卵形で柄のない苞葉となり、表面には脈に沿って小じわが多く、両面に軟毛がある。花は葉のつけ根から数個ずつ輪のようにつき、葉の間から顔をのぞかせる。花期は4~5月。
学名は、
シソ科オドリコソウ属
似た花にキレハヒメオドリコソウ Lamium purpureum L. var.hybridum Villars というのがある。
 ホトケノザのような花で、葉の切れこみが深い。

探してみるもんだなあ。やっぱり、外来種か・・・
でも、明治時代に来たんだなあ。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-04-17 18:57 | 魔法学校