魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

四方山話

今日の給食は、のりちゃんたちのグループで食べた。
朝から、熱があったともくんも元気になり、
にゅうめんと、かき揚げをおいしそうに食べていた。

「今日ね、弟、動物園に行ってるんだ。」
「ほー、保育園の遠足ですか?」
「そう。」

すると、のりちゃんが突然、しみじみと言った。
「やっぱり、110より120がいいわ。
110は、すごく損!120が絶対いい!」

はい?ひゃくじゅう・・ひゃくにじゅう・・
これは、何かの暗号か・・・

しばしよねごんは、ダ・ヴィンチ・コードを解読するオドレイ・トトゥのように
(そんな、いいもんでないのは百も承知・・・ちょっと言ってみたかった。おほ)
頭をぐるぐる働かせた。

「も・・もしかして、それは身長のことでしょうか?」
のりちゃんは、難しい顔をしながら頷いた。
「そう、110だと乗れないものがいっぱいあるのよ。
でも、120になったら何でも乗れるのよ。」
なるほどなるほど。

するとのりちゃんの前で食べていた、未だ110のみずきちゃんが言った。
「そうなのよ~。お姉ちゃんは乗れるのに、みずきは乗れないのよ~。」
「あはっは。失礼。でも、心配しなくても間もなく120になりますよ。
まあ、しっかり食べてくださいまし。」

すると、突然後ろの席から、りょうまくんが背中をつついた。
「質問です。よねごん。」
「はい、何でしょう。」
「ぼくがこんなにくねくねになったわけは、次のうちどれでしょう。」

く・・くねくね?りょうまくんは、続けた。

「1・あかちゃんの時から
 2・体操クラブで練習したから
 3・空手を初めたから」

くねくねって、あーーなるほど、体が柔らかいことか。
そう言えば、りょうまくんは両足が180度開くのだ。

「えーっと、1番!」
「ぶっっぶー答えは、2番でした。」

小さい子たちとの会話では、想像力とひらめきが絶対条件である。
a0042798_20443449.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2006-05-31 20:47 | 魔法学校