魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

合掌

今日の体育は面白かった。
体育の授業が始まる前、ともくんが熱を出したので、
担任の先生がそっちに行っていて、
体育館には、体育の授業を待つ2年生と暇なよねごんだけが残った。

a0042798_23453060.jpg

「はいはい、みなさん体育係さんの言うとおりに、
ちゃんと準備運動いたしましょう。」

体育係のだいちゃんたちが、
前に出てえっちらおっちら、ラジオ体操をした。
ちっちゃい子のラジオ体操は、見ていてすごく面白い。
ものすごく、変で、ものすごく意味がない。ふふ

常日頃走り回っているおちびさんたちには、
ほんとは準備体操なんていらないんだろうな。
必要なのは、あたしみたいなおばさんだ。

さて、準備体操も終わったのに、担任の先生はまだ来ない。
「よねご~ん、鬼ごっこしたいよ~。」
「よねご~ん、ドッジボールしたいよ~。」

「はいはい、みなさん、お静かに。
では、よねごんがこれからヨガを教えて差し上げましょう。」
「よがあってなあに?」
「知ってるよ、くねくねするんでしょ。」

「はい!みなさん、まずはバランスから。
両手を静かに広げて、ゆっくりと呼吸をくり返します。
右膝を静かにあげて行きます。
そこで止まって!十数える間、止まります。」

「きゃあ!」「ころぶうう。」「わわわ・・・。」

暴風にさらされたかかしのように、ぐらぐらゆらゆら
おちびたちのかっこうが面白い。

「では、静かにそのあげた足を右に広げて、
はい!そこで十数える間止まって!
呼吸は、静かに続けます。」

その後、飛行機のかっこうになって足をおろした。
「きゃあ、難しい~」
「おもしろおい。」
さわぐガキどもを尻目に、
よねごんは、ものすごくすました顔で、
静かに両手をあわせて言った。
「合掌。」

するとどうだろう。今までわいわい騒いでいた子どもたちが、
急にしーんと静かになって小さな両手をあわせて合掌している。
すました顔は崩さなかったけれど、びっくりびっくり。

試しに左足のほうも一通りやって、
わいのわいの騒いでいる子どもたちに、
「合掌」とやってみた。
するとまたまた、ぴたりと静かになって「合掌」しているお子さまたち。

教室で、しずかに!静かに!しーずーかあにいー!と
何度叫んでも、なかなか静かにならない子どもたちが、
「合掌」の一声で、水を打ったようにしーんと合掌するなんて。おお!

続いてイーグルのポーズをやって、「合掌」したけどまた同じ。

結局、そこで担任の先生が来たので、
よねごんの怪しげなヨガ教室はおしまいになったのだが、
これは、「合掌」の持つ力なんだろか・・・

更衣室で出会った音楽の先生に、この話しをしたら、
「それ、いただきます。」とにっこり。

明日の音楽、あいつらきっと「合掌」させられてるかも。ほほほ
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-01 23:50 | 魔法学校