魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

プール開き

本当は、金曜日にあるはずだったプール開き。
雨で流れて、昨日に延期になった。
この時期は、曇天だとまだまだ水温が低い。
昨日も、ぎりぎりで何とか入れることになり、大喜びの子どもたち。

1年生のときは、男の子も女の子も一緒に教室で着替えていたのだが、
2年生は、男の子が1組で、女の子が2組で着替えることになった。

1時間目が終わり、さあ着替え。
1組の男の子たちは、あっという間に着替えて、プールに走って行った。
ところが、2組の女の子たちは、なかなか着替えが進まない。

教室に入って行くと、バスタオルを体にまきつけて
芋虫状態になった女の子たちが、
もそもそ、ごそごそやっている。
あきれたよねごんが言った。

「あんたたち、何してるの。」
「何って、着替えてるんでしょ。」
みずきちゃんが言った。

「それはわかっておる。
しかし、なんだね、そのバスタオルは。
いいですか、言っちゃなんだが、君たち。
顔を隠したら(いや隠さなくても)、
男の子なのか女の子なのかわからんのだよ、君たちは。
おっぱいもおへそも同じぺったんこでしょうに。
バスタオルで隠して着替えるのはね、
よねごんのように、ばっちりおっぱいがおっきくなってからでいいのです。
おっぱい隠すなんて、十年早い!
さっさと、バスタオルはずして着替えなされ。」

「よねごんのおっぱい、そんなおっきくないけど。」
横でのりちゃんが言った。ふん。

ということで、みんなやっとさっさと着替えはじめた。
知っていますか?
ちっちゃい女の子たちって、水着のどっちが前でどっちが後ろかわからんのです。
「ねえ、よねごん。前はどっち?」
着替えの間、何人の子に聞かれたか。

a0042798_1972527.jpg


すったもんだの末、やっとプールの授業が始まった。
さすがに水温があまり高くないので、10分もつかったら、
唇を青くして出て来る子が何人かいたが。

a0042798_199975.jpg


これは、アンディとゆうたくん。
二人で銀行強盗をするそうだ。
できるかも。ふふ。

まだ少し寒かったけれど、これから楽しい夏の始まり始まり~
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-13 19:16 | 魔法学校