魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

ヒロシマ

この仕事をして、もう何度広島に行っただろう。
6年生の修学旅行は、必ず広島。
夏休みに下見に行き、本番は秋。

だから、6年生を担任すると年に二回は、広島に行くことになる。
いくら方向音痴のよねごんでも、平和公園で迷うことはない。

原爆ドーム、原爆の子の像、韓国人原爆犠牲者慰霊碑、供養塔・・・・

a0042798_16174136.gif

下見で行くのは、夏の終わり。
ぬけるような青い空の下で、何度たたずんだだろう。

あの日、あの朝・・想像しても想像できない・・・遠い日

あの日の朝も、いつものように夕方が来ると思っていた人々・・・・

広島に行くたびに、そんなことを思った。



秋に子どもたちと来る時は、そういう余裕はまったくない。
フィールドワークでばらばらになった子どもたちが、
ポイントにちゃんとやってくるかどうか心配しながら、
ずーっと待ち続けなければならない。

私のポイントは、だいたい決まっていて、
むかいにケーキ食べ放題の看板があるカフェの前の交差点。
ずっと、その看板を眺めながら、子どもたちを待つ。



原爆症認定集団訴訟のニュースを聞きながら、
遠いヒロシマの空を思い出す。

残された私たちが、しなければならないこと。
残された私たちに、できること。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-08-07 16:41 | 魔法学校