魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

表現活動といふもの

昨日書いた、某小学校で話したこと。
「表現活動について」
a0042798_192595.gif

歌唱・合奏・ダンス・絵・工作・作文・朗読・芝居・・・などなど
一口に表現活動と言っても、実にいろいろある。

でも、このブログにたまに来てくださる方々のコメントを読んでも、
学校ってところは、子どもたちの持っている力を
本当に、伸ばし育てているのだろうかと思う。

むしろ、学校、とりわけ小学校は、
子どもたちの持っている様々な可能性を、つみとっているんじゃないか。
そんな気がしてならない。

こう書くと、わたしはぜんぜん関係ないところにいる人みたいだけれど、
私自身も、その当事者である。自戒の念もこめての意見。

なぜなら、入学してきた1年生は、算数も国語も、早く勉強したくてわくわくしている。
図工も音楽も体育も大好きだ。
漢字なんて習い始めは、もう楽しくて楽しくて仕方がない。
数字もそうだ。

それが、2年生、3年生と進むに連れて、算数嫌い、国語嫌い、漢字やだ・・・となってくる。
絵が下手だから、工作苦手、歌うのはいやだ・・・・

誰でも得手不得手があってあたりまえなんだけれど、
自分らしさを認められる環境があれば、
入学当初持っていたわくわく感は、もう少し持続するのではないだろうか。

人と比べてヘタだと思う瞬間、ダメだと思う瞬間に、
そうじゃないんだよと声をかけてくれる大人、
学校なら先生がそばにいたら、
子どもたちの持っている様々な可能性は、もっと伸ばされるような気がしてならない。

とまあ、そんなことです。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-08-24 19:25 | 魔法学校