魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

作品

さてさて今日もたんぽぽで、よねごんは段ボールを切ったり貼ったり、
運動会の大道具作りにいそしんでいた。

こうちゃんがやってきて、段ボールのきれっぱしを差し出した。
「ホームベースの形に切って。」
へいへいと、ホームベースの形にカッターナイフで切り抜く。

それを見て、野球大好きつかくんが、段ボールをぱくぱくさせて言った。
「よねごーん、これ、手につけたいんだよ。
ボールとるミットにしたいんだよ。」
「あー、キャッチャーミットですね。了解。」

そして完成したキャッチャーミットとホームベース。
たんぽぽは野球場に変身した。

                         ちょっとかっこいい(?)キャッチャーミット↓

a0042798_20191064.jpga0042798_20193169.jpg















野球をやっているみなさんの横で、まあくんが何かやっている。
見ると、まあくんは段ボールを足の下にしいて、スケートをやっていた。

a0042798_20212129.jpg


すいすい楽しそうにすべっている姿を見て、
ありさちゃんやよしきが、段ボールを持ってきて、切ってくれと言う。
やがて、段ボール製スケート靴は進化して、ガムテープつきになった。

a0042798_20235045.jpga0042798_20235840.jpg















楽しげに段ボールスケートで遊んでいる彼らを見ながら、
うーん、あの下に雑巾つけたら、床がぴかぴかになるなあと
よねごんは、よからぬことをちらっと考えた。




給食の前に、つかくんが牛乳パックを持って、またやってきた。
「よねごーん、この牛乳パックをマスクにしたいんだよ。ガムテープかしてえ。」
「はは?牛乳パックでマスクですか?」
「うんうん。」

とりあえず、彼の要望通り、牛乳パックをガムテープでつかくんの顔に止める。
                        それがこれ↓

a0042798_20274570.jpg


「あ・・あのう、マスクというより、なんか鳥のくちばしっていうか・・・
それに、そのガムテープ、はがすとき、けっこう痛いんじゃないかと・・・。」

私が言うと、つかくんは牛乳ぱっくマスクのまま、ふがふが言った。

「い・・・息が苦しい・・・。」
「だ・・だから、マスクなら私が持ってますから、こっちを使いなさい。
これは、使い捨てのマスクだから。ほらほら。」

マスクを差し出したけれど、意志の強いつかくんはひるまなかった。
いったん牛乳パックをはずして、パックの底に穴を開けた。

「よねごーん、もう一回つけて。」
「はいはい。」
「あー、これで息がしやすくなったよ。」

ということで、牛乳パックマスクをつけて、
つかくんは教室に戻って行きました。

教室の反応、どうだったのかなあ。ふふ
[PR]
by yonegon_gon | 2006-09-14 20:36 | 魔法学校