魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

豆の皮むき

文部科学省が最近、わいわい言い出した「食育」
ということで、本日3年生のみなさんは、エンドウ豆に挑戦することになった。
栄養士の先生の指導のもと、
今日の給食に出る豆ご飯の食材、エンドウ豆をさやから取り出すお仕事。
町内の農家のおじさんが、子どもたちが勉強するためならと、
町内の学校全部で食べる分を、ただでくださった。

a0042798_2345610.jpg


まるまると太ったさやをぱこっと開けると、
中にはかわいい豆がずらり。
その度、子どもたちから歓声があがる。

a0042798_2351625.jpg


a0042798_2353671.jpg


ぽろりぽろりと転がる豆をおっかけながらも、
みんな、とても楽しそうに豆のさやをむいている。

ふと見ると、なんとゆうとは他の子たちの数倍の速さで豆をむいていた。

a0042798_23622.jpg


算数の時間も国語の時間も、ほとんど眠っているかのようなゆうとが、
エンドウ豆の作業では、生まれてからずっと
エンドウ豆をむき続けてきたかのように、
ちょー速いスピードで、あっという間に入れ物はいっぱいになった。

「ゆうと、すごい!豆むきの天才!」
私が言うと、ゆうとはにやっと笑って「まあね。」と言った。

よねごんは、4時間目半ばから出張で、この豆ご飯は食べられなかった。
うう・・・悲しい。大好きなのに。

でも、みんなとても楽しんでおりました。
豆ご飯苦手な子も、今日はちょっと頑張って食べたかも・・。
[PR]
by yonegon_gon | 2007-05-16 22:02 | 魔法学校