魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

暑い!

暑い!
学校は、とにかく暑い。

たんぽぽでじっと座っているだけで、汗が体中からだらだら流れる。
よねごんは、若い頃からあまり汗の出ない体質だった。
でも、更年期になって、代謝が良くなったわけではないんだろうけど、
とにかく、汗だけはよく出るようになった。

運動会の練習が始まり、体育館でダンスの猛特訓。
若くてかっこいいたいし先生がステージで見本のダンス。
どんなかっこ悪いポーズでも、
たいし先生が長い手足で、元気いっぱい笑顔で踊ると、
なんだかかっこ良く見えるのだから、不思議だ。

子どもたちも、その気になって踊る。
やっぱり、お手本って大事だなあ。
あれがよねごんなら、きっとみんなやる気をなくしちゃうだろう。

さて、教室の温度と湿度が最高潮に達した今日、
よねごんは、習字の山と格闘していた。
夏休みの宿題の習字を、JAと書画展の二カ所に出品する。

農協さんのほうは、個人票を左下に添付。
書画展のほうは、エクセルでつくった名簿データを送らねばならない。

どちらも、〆切は今日。
小さい学校だから、200足らずの作品だが、
これを名簿と照らし合わせ、データをつくり、
個人票を貼り付けるのは、なかなか大変。

でも、担任の先生たちは、子どもたちが帰った後、
毎日、遅くまで夏休みの宿題の丸打ちに格闘している。
言っておくが、私たち先生には超過勤務手当なるものがない。
でも、若い先生たちは、学校で8時、9時まで仕事をしている。
そして、朝は7時半過ぎには学校に来ているんだから、
いったい何時間労働になるんだ。

それでも、小学校の場合は、ほぼすべての教科を教えねばならないので、
教材研究をする時間が、足りない。
中学や高校のように教科担任なら、1時間分の教材研究をすると、
4クラス、5クラス、同じ内容でいけるが、
小学校はそれができない。
毎日、3~4の教科を一度限りで教えねばならないから、
土日に1週間分をチェックしておく必要がある。
そうなってくると、自分のための時間なんてほぼないに等しい。

なのに、文部科学省はまだ授業時数を増やすと言っている。
そんなに子どもたちの学力をあげたいのなら、簡単なことだ。
先生の数を増やして、もっと丁寧に子どもたちをケアできる環境をつくればいい。

だいたい、30度を超える環境で、頭脳労働なんぞさせるのが間違ってる。
効率もあがらないし、体力も消耗する。
文部科学省のおえらいさんたちは、
一度、現場に来て、このくそ暑い夏を
小学校で一ヶ月くらい働いてみればいいんだ!
がうううううー!

汗をだらだら流しながら、子どもたちの習字と格闘するのに疲れた
よねごんのぼやきでした。m(__)m

a0042798_1816554.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2007-09-06 18:22 | 魔法学校