魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

ピーターパン

1週間のご無沙汰です。(このセリフ、若い人は知らないだろうなあ・・・)

さて、音楽会が終わった次の週から、よねごんを連日出張が待っていた。
秋のこのシーズンは、なぜか研修や研究大会が目白押し。
出張は、ほぼ午後からなのだが、
まともに放課後まで学校にいる日がなかった。

ところで、第9回漫才ショーは、(実は、漫才ショーはまだ続いていた。)
音楽会の1週間前に開催されたのだが、
当日の雨もあって、またまた大盛況だった。

今回は、子どもたちが校長先生にも招待状を贈った。
校長先生は、優待席に座って見学してくれた。
で、なんと!校長先生が毎月、PTAむけに発行している
「校長室の窓」という機関誌(といっても、B4一枚のものだが)に、
漫才ショーをとりあげてくれた。それも、写真入りで。
ほんとのところ、ひっそりとやっていたかったよねごんではあったが、
まあ、子どもたちが喜んでいたので、よかったのかな。
いったい、いつまで漫才ショーは続くのだろう・・・

その漫才ショーが終わった頃、
まほちゃんとあやかちゃんと、はるなちゃんが、たんぽぽにやってきた。

「あのさ、よねごん。劇したいのよね。劇。」
まほちゃんが言った。
「げ・・・劇・・ですか?」
「うん、これしたいの。」
あやかちゃんが、一冊の本を見せた。
ディズニーのピーターパンの絵本。
「ピーターパン・・ですか。」
「劇したいの。」はるなちゃんが言った。
「あ・・はい、わかりました。やりましょう。」
「やったあ!」三人の女の子たちは大喜び。

ということで、週末シナリオを作ってくることを約束してしまったよねごん。
昼休みの15分で、ピーターパンの劇を上演するなんて、
プロの腕利きの演出家でも、無理って言うような気もするんだが・・・

その話を、隣のクラスのみやさこ先生に話すと、彼はこう言った。
「漫才ショーにも、ミュージックステーションにも出ない子たちが、
ほんとは、たんぽぽでみんなが練習するのをうらやましく思っていたんですよ。
自分たちにも、何かできることはないかって、きっと探したんじゃないかな。
うまくいくといいですね。」

なるほど、とりあえずやってみるか。
ということで、すべてのキャストと裏方は、子どもたちが決め
劇団「たんぽぽ」は始動した。

これが、大道具さんが作った模造紙8枚の力作のネバーランド。
a0042798_9191988.jpg


これは、ピーターパンの影。


a0042798_9231861.jpg


練習初日、台本を忘れた数名が、
さっそく鬼演出家よねごんから怒鳴られた。
「役者にとって台本は命。それを忘れるなんて、
次、同じことがあったら首だあ!」

本番は、12月。ポスターはもうあちこちに貼られ、
チケットの売り上げも上々らしい。
さてさて、どうなることか・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2007-11-24 09:24 | 魔法学校