魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

多忙な日々

この1週間も忙しかった。
12月13日の本番にむけて、
劇団「たんぽぽ」はフル回転。

と言っても、劇団員は
貴重な休み時間を犠牲にしなければならないので、
うっかり忘れて遊びに行ったり、
テストの間違い直しやら、学級の用事やらで、
なかなかメンバー全員がそろわなかった。

さてこのお芝居、なぜか、たいきが舞台監督になった。
メジャーリーガーを目指す彼は、
3年生から少年野球に入ってがんばっている。

その彼が、キャスティングの時に、たまたまたんぽぽにいた。
舞台監督を誰がやるか話し合おうとした時、
それまで知らん顔で遊んでいたたいきが動いた。

「あのさ、あのさ、それ、おれにやらせて。」
「それって・・・舞台監督のこと?」
「うんうんうん。」
たいきは、必死に頷いた。
「みんながよかったら、私はいいですが・・・。」
そう私が言うと、たいきはくるっとみんなのほうを振り返り言った。

「お願い。お願いします。
俺、一回でいいから『かんとく』ってやってみたかったのよねえ。
お願いしまあっす。」

なるほど、たいき「かんとく」って呼ばれてみたかったのか。
しかしたいき、舞台監督の仕事って、わかってるんだろうか・・・。

でも優しいみんなは、あっさりOKしちゃった。

それから、フック船長の片手を食ってしまったワニ、
この役はたっちゃんがひきうけてくれた。
教室でいたたっちゃんに、
「たっちゃん、ワニの絵描いてくださいね。」と声をかけたら、
それまで熱帯魚の本に夢中になっていたゆうとが、
むくっと頭を起こして、こちらを見た。
「わに?わにって、なに?」
「あ・・いや、ピーターパンの劇に出てくるワニを
たっちゃんがやってくれるんですが、
その絵を描いてもらうんです。」
すると、ゆうとはすくっと立ち上がって言った。
「ゆうと、ワニ描く!」
「もちろん、助かるけど、ゆうとワニの役やってくれるの?」
うんうん、とゆうとは頷いた。
そして、たっちゃんと猛スピードでたんぽぽに消えた。

とりあえず、ワニの台詞は「チクタクチクタク」だけだから、
大丈夫でしょう。ゆうとくん。

で、昨日の土曜はマラソン大会だった。
これについては、また後日。

とにかく、師走。
よねごんも走りまくりでございます。ふぅ

a0042798_22301195.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-02 22:33 | 魔法学校