魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

遠い昔の日記1

パソコンを買い換えて整理していたら、
かなり昔の日記のデータがあった。
これは、何年も前、5年生を担任したときの日記。
あんまりおもしろいので、少しご紹介。

a0042798_7532088.gif


教室に行くと、みゆちゃんがやってきました。
「俊一が、30センチざしで背中をたたくの。」
私は、聞きました。
「俊一、どうしてみゆちゃんをたたいたの?」
俊一は、答えました。
「だって、なんかいっぱい言ってくるもん。」

私は、聞きました。
「みゆちゃん、何言ったの?」
みゆちゃんは、答えました。
「だって、俊一がリョウを泣かせたから・・・。」
リョウくんは、確かに半べそ状態です。

「リョウくんは、どうして泣いたの?」
私が尋ねると、彼は答えました。
「俊一が、けってきたの。」

私は、また聞きました。
「リョウ、俊一に何かしたの?」
リョウは、答えました。
「何もしてない、後ろに立ってたら急にふりかえって、けってきた。」

私は、俊一に聞きました。
「どうして、リョウをけったの?」
俊一は、言いました。
「リョウが後ろからけってきたから。」
私は、また尋ねました。

「リョウ、俊一をけったの?」
リョウは、答えました。
「けってない。後ろに立っていただけ。」
「でも、けられた。」
と俊一が言いました。

私は、聞きました。
「俊一、確かにリョウがけるのを見たの?」
俊一は、首をふりました。
「でも、後ろからけられて振り返るとリョウがいたの。」

そこで、やっとけいたが言いました。
「ぼくが俊一をけったの。」
私は、言いました。
「けいた、どうして俊一をけったの?」
けいたは、答えました。
「俊一が机をさわっていたから。」

私は、そのころもう切れかけていました。
でも、がまんがまん。

「あのさ、けいた、俊一に何してるの?って聞いた?」
けいたは、首をふりました。
「あのさ、俊一、リョウにオレをけったか?って聞いた?」
俊一は首をふりました。
「あのね、みゆちゃん、俊一に何でリョウを泣かせたのかって聞いた?」
みゆちゃんは、首をふりました。

その後、みんなといっしょに4人はどうすればよかったのかを考えました。

てめえら、犬小屋の子犬じゃないんだぞ!ヽ(`⌒´)ノ
とは、言いませんでしたが・・・・・。

それから、その後、
あたしがたいちにたのまれて買ってきた400円もする緑亀を、
あつしのばかやろう~が、
3階の窓の外のコンクリートのひさしに乗っけて、
甲羅干しをさせていて、ほっておいて、行方不明になりました。

あつしは、どうしようと私に言いにきました。
私は、言ってやりました。
「きっと、広い世界に旅立ったんじゃない?」

という、今日一日でした。

a0042798_7425699.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-09 07:56 | 魔法学校