魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

ある日の理科の授業

初めての3年生担任に、最初の頃は戸惑っていたイケメンたいし先生も、
最近はなかなか上手に子どもたちをあしらっている。

今、理科の授業は乾電池。

a0042798_033239.jpg


こういうセットを組み立てて、電気が通る仕組みの入門をする。

「豆電球を差し込むこの部分を、なんと言いますか?」

こういち    「ソケット。」
こうき     「ロケット。」

たいし先生は、こうきの答えを無視した。

「えーでは、電池のこの両端をなに極と言いましたか?」

たける    「プラス極。」
のりこ    「マイナス極。」
こうき    「ゆうびん局。」

たいし先生は、こうきの答えを、また無視した。

「それから、この電池と豆電球のソケットをつないでいる線をなんと呼びましたか?」

はるな   「どうせん。」
こうき   「どうせえっちゅうんや。」

たいし先生は、数々のこうきのフェイントにも惑わされることなく、
粛々と授業を進めたのであった。あっぱれ。

その間、ずっとよねごんは、後ろの席で笑いをこらえるのに必死でしたわ。
こうき、将来、吉本へ行きなさい。
[PR]
by yonegon_gon | 2008-01-28 00:16 | 魔法学校