魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

理由

入学してしばらくすると、身体測定がある。
前の学校では、絨毯敷きの広いプレイルームで視力検査をした。
1年生のおちびたちは、大変喜んで、視力検査を待つ間、あばれまくっていた。

ふと見ると、ひろしが泣きべそをかいている。
どうしたの?と聞いても返事がない。
二度ほど聞くと、本格的に泣き出してしまった。

「どうしたの?何かあった?」
「牛乳パック」
泣きながら、ぽつんと答えるひろし。

プレイルームには、牛乳パックの積み木がたくさんおいてあった。

「牛乳パックがどうしたの?」
「あたった。」
「誰かが投げて、ひろしにあたったの?」
「ちがうの。かずやにあたったの。」
「ひろしが投げて、かずやにあたったの?」
「ちがうの、やすたかが投げて、かずやにあたったの。」
「で、ひろしにもあたったの?」
「ううん。あたってない。」
「そしたら、どうしてひろしは泣いてるの?」
「・・・・・・・。」

結局、なぜ彼が泣いていたのかは謎のまま、ひろしの機嫌はすぐなおってしまい、
ことは片づいてしまった。
わからん。

a0042798_21563136.gif

1年生のはじめは、帰る準備も大変だ。
それも、金曜日ともなると、体操服、上靴、マスクの袋、歯磨きセット、
そこへ、図書室で借りた本などあろうものなら、
もうランドセルにそれらをぶち込むだけでも、疲れ果てる。
おまけに、他のクラスと一緒に、先生がそれぞれついて下校するので、
遅れるわけにはいかない。

その金曜日も、私はあせっておちびたちのランドセルに、
500円で詰め放題、さあがんばって!みたいな形相で、
ぎゅうぎゅうと詰め込んでいた。
すでに、2組も3組も教室を出ていこうとしている。

突然、あきなちゃんが大声で泣き始めた。
机につっぷして、わんわん泣いている。

だが、私は、ランドセルと格闘していて、あきなちゃんにかまっている暇がない。

あきなちゃんの隣の席のまさゆきが叫ぶ。
「よねごん、誰か泣いてるよ!」

「だ、誰かじゃないでしょ。あんたの隣のあきなちゃんでしょ!
あきなちゃん、悪いけどちょっと今、手が離せないのよ。
これ、つっこんだら行くから。ちょっと待っててね。」

なんとか、5~6人のランドセルをしめ終わって、
あきなちゃんのところへ、すっ飛んで行った。

「ごめんね、あきなちゃん。何があったの?」

「・・・・忘れた。」

あきなちゃんは、大泣きしてすっきりしたのか、
けろっとした顔を私にむけて笑った。

いいんだけどね。

・・・・・・・泣きたいのは、あたしかも。
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-31 22:04 | 魔法学校

きんにくつう~

朝起きると、筋肉痛がさらにひどくなっていた。
咳もできないありさまだ。
情けない。今晩から、腹筋30回・・

ということで、今日はミレニアムを見ながら
ドールハウスの本を作ることにした。

ミレニアムは、以前全部見たのだが、急に見たくなってレンタルした。
血だらけになったり、切断された手や足が出てきたり・・・
ま、けっこうハードなんだけど。

で、適当に表紙の色柄で選んだ本が、これ。

a0042798_2143164.jpg

☆ポケット六法
☆二十億光年の孤独  谷川俊太郎著
☆1リットルの涙    木藤 亜也著
☆働く過剰   玄田有史著
☆アジアと話そう!中国語・韓国語   
☆ホーキング、宇宙のすべてを語る  
☆パラサイト・ミドルの衝撃  三神万里子著
☆ECC(救急心血管治療)ハンドブック
☆哲学のなぐさめ  アラン・ド・ボトン著
☆LED ZEPPELIN HOUSES OF THE HOLY
☆寅さん完全本
☆BACK BEAT
☆THE TRIVIAL SIMPSONS
☆ベクシンスキー
☆ムダな努力をしないで幸福になる方法
☆刑法

以上、節操のないと言わないでね。
あくまでも、表紙の色柄で選びましたのです。
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-30 21:38 | つれづれ

ハードワーク

a0042798_15172085.gif

昨日のハードな遠足のおかげで、今朝からあちこち筋肉痛だ。
腹部がとりわけ痛いのは、
アスレチックのターザンロープに3回もぶら下がったせいだろう。

おばさんが、ターザンロープで「えいやっ!」とすべるのを
目の当たりにしたのは初めてだったのだろうか。
1年生諸君があんまり、拍手喝采してくれるもんだから、
調子にのって、3回もやってしまった。

おかげで、今朝は笑うに笑えない。

と思っていたら、同僚からメールが来た。
彼は、2組担任の若くかっこいい先生である。

メールの内容は、以下の通り。

++++++++++++++++++++
大変です。おケツの割れ目が・・・
昨日の遠足で、あのパイプのロング滑り台を滑りすぎて、
おケツの皮がめくれて、ひりひりしてるんですよ::
あれは、大人がするもんじゃない。
まともにお風呂も入れませんでした。
++++++++++++++++++++

そういえば、子どもたちにせがまれて
何回も滑ってたよなぁ・・・彼

さっき、音楽会のことで1組の先生から電話がかかってきた。
私より若い彼女は、電話の向こうで情けなさそうに言った。

「今朝から、腕があがらなくて・・・昨日、縄のジャングルジムに、
登っておりられない子たちを、何人も救出したせいかと・・・。」


まっこと、先生という仕事はハードでございます。
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-29 15:26 | 魔法学校

秋の遠足

今日は、秋の遠足だった。
遠足と言っても、子どもたちが歩いて40分くらいの、近くの公園まで。

今日は、とにかく暑かった・・・最初は、楽しく歩いていたけど、
そのうちみんな汗だくになって、言葉少なに・・・

何とか、公園までたどり着いて、スタンプラリー
それから、お弁当。

そして、たっぷり公園のアスレチックで遊んだ。

おばさん先生は、もうかなり疲れていたんだけど、
先生の性っていうか、気がつくと、アスレチックの網に、子どもたちとぶらさがっていた。
明日がこわい・・・・(-"-;)

続き・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-28 20:34 | 魔法学校

5年生小咄☆

ちょっと、しっとりした話が続いたので、
ここで、お笑いを一つ。

+++5年生のテストの回答+++

☆社会科編
【質問】働いている人たちが集まって、自分たちの働く条件をよくしていくために、
    雇い主と話し合っていく組織をなんといいますか?

【子どもたちの答え】
    ☆自由民主党(1名)  ☆老人組合(1名)  ☆厚生労働省(1名)


☆理科編
【質問】ミョウバンの結晶を見るために使う顕微鏡の名前を書きましょう。

【子どもたちの答え】
   ☆老眼顕微鏡(1名)   ☆天体望遠鏡(1名)

【質問】水にミョウバンを溶かした時、溶け残りができました。
     全部溶かすには、どうすればいいでしょう。

【子どもたちの答え】
 ☆火で暖める。それでも溶けない時は、捨てる。(1名)
a0042798_2011635.jpg

    
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-27 20:14 | 魔法学校

まさしとかなぶん

子どもたちの虫大好きなお話しは、この前書いたんだけど、
虫の中でも、ピカイチに人気のあるのが、
今も昔も変わらない「カブト虫」と「クワガタムシ」

カブト虫やクワガタムシを持っているというだけで、
持ち主は、ヒーローだ。


ある夏の日、まさしが深刻な表情でやってきた。

「なぁ、よねごん。」
「おはよう、まさし。」
「あのさあ、聞きたいことがあるんだけど。」
「はい、なんでしょう。」

「あのね、かなぶんって、
大きくなるとカブト虫になることってある?」



まさしは、真剣だった。
私も、真剣な顔で答えた。

「ありません。」

まさしは、しばらく考えた。

「あのさぁ。」
「はい。」

「かなぶんって、赤ちゃんいっぱい産んだら、
一匹くらい、カブト虫になることってある?」


私は、まさしの顔を、真っ直ぐ見て聞いた。

「まさし、あんた、大きくなってゴリラになることって、あると思う?」

まさしは、かぶりを振った。

「ない。」

「でしょ。まさしくん。かなぶんは、いくら大きくなっても、子どもをいっぱい産んでも、
かなぶんのまま。カブト虫になることは、ありません。」


どっかのお話しに出てきた王女様は、
いつか金になると信じて、クジラの赤ちゃんを育てた。

まさし、現実を知ることは、ちょっとだけつらいことだね。

a0042798_1143260.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-27 11:04 | 魔法学校

1年生小咄2

1年生は、面白い。
このブログの一番最初に書いたけど、いわゆる大人のじょーしきが通じない。

特に面白いのは、大人の年齢に対する感覚。
よく、「よねごんって、何歳?」って聞かれる。

「98歳。」    って答えると、「ふ~ん。」と返ってくる。

「18歳。」    って答えても、「へ~ぇ。」って返ってくる。

ようは、何歳でも関係ないようだ。そんなら、聞くなぁ。

a0042798_20382765.gif

運動会の練習での一コマ。
生まれて初めて、リレーなるものをする1年生。

何につけても負けるのが嫌いなももちゃんは、
走る気まんまんで、スタートラインに立っていた。

ももちゃんは、赤いバトンを受け取るはずだった。
ランナーが走ってきた。
白いバトン、黄色いバトン・・・
ももちゃんの受け取るはずの赤いバトンのランナーは来ない。

ぷちっ! ももちゃんの我慢が切れた。

ももちゃんは、次に来たランナーの青いバトンをひったくり
走って行ってしまった。

も・・・ももちゃああん。
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-25 20:39 | 魔法学校

1年生小咄

a0042798_22263441.gif
高学年の担任が続いて、久しぶりに1年生を持った時、
1週間ほど、何言ってるかわからんことがあった。
特に、彼らが泣きながらやってきて、切々と訴える時は、さっぱり・・

「○○ちゃんが、ひっく・・Ωξ□☆?だったから、あたしψ£※×○だったの・・・で、×Θ□で・・」

ほんと、申し訳ないんだけど、異星人といるみたいだった。


それに、高学年だと通じる、おばばギャグも全く通じない。

 「明日、宿題を忘れた人は、食べちゃいます。 」 

これ、高学年の子たちだと、あはっはは・・で終わる。
でも、1年生は違う。一瞬、しんとして固まってる・・

う・・嘘でしょ?


「あ・・で、でも、おなかこわしたら困るから、やっぱり、ほっぺにちゅーすることにします。」

ここで、緊張がとけて、「きゃー」とか「やだー」とか・・・
やれやれ、おまえら、ほんまにあたしが食べると思うかよ~
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-24 22:29 | 魔法学校

CM

朝、通勤途中で何気なく聞いているラジオから、こんなCMが流れてきた。

※どっかの会社の上司と新人社員の会話

上司 「おい新人、昨日頼んでおいた書類のコピー百部できてるか?」

新人 「はい!夕べ、徹夜で書き写しました!


こういうやつに、関西弁でぴったりな言葉がある。

「おまえは、あほか。」


でも・・・である。
考えてみれば、長い人生、この新人君のようなことが、何度かあったような気がする。

一生懸命やった、喜んでもらえるかとがんばった、でも結局、あまり役にはたたなかった。
あのがんばった自分は何だったんだ・・・
そういう経験が。

まぁ、人生七転び八起き。そんなもんだろう。

     今気づいたんだけど、「七転び八起き」と「七転八倒」って似てるよなぁ。
     どっちかっていうと、「人生七転八倒」のほうがぴったりだったりして・・・

a0042798_112614.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-23 19:57 | つれづれ

とかちゃん

朝、たんぽぽに2組のようくんが、何やら握りしめて入ってきた。

「よねごん、これ見て。」

握りしめた手のはしっこから、何やら怪しげな紐のような物が見える。
ようくんがそっと手を開くと、小さな灰色のトカゲがのっていた。

a0042798_212521.jpg


「おー、かわいいトカゲじゃないの。名前、なんていうの?」

ようくんは、とてもうれしそうな顔で言った。

「とかちゃん。」

「そうか、そうか。とかちゃんなのね。がんばって育ててあげてください。」

「うん。」

ようくんは、にこにこしながら帰って行った。
そして、すぐまた戻ってきた。

「よねごん、これ。」

続き・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2005-10-21 21:20 | 魔法学校