魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

<   2005年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

今年最後の日記

昨今は、ごくせんとか金八先生とか女王のいる教室とか
先生ものが人気を呼んでいる。
古くは、熱中時代、アリよさらば・・・知ってるかな?若い人たちは。

特定の職業を題材にしたドラマは、
その仕事に携わっている人たちから、批判されることが多い。
現場はあんなじゃないよ、リアルさが足りないって。
先生ものも、おおむねそんな感じのが多いんだけど、
最近はリアルさをこえて、大事なものを見せてくれるドラマが多く、いいなって思う。

ただ、先生もののドラマにほぼ共通するのは、先生が主役でヒーローだってとこ。
この先生がいて、こうなった。この先生だから、こうできた。

でも、現実はそうじゃないことが多い。
ここのブログに来てくれる方々の中にも、先生が嫌いだったり、
学校が好きじゃなかった人がけっこういる。

先生なんて、まあ、ふつーのおっさんやおばさんで、
決して、やんくみみたいに強くてきれいでかっこいいわけでもないし、
女王さまのように、クールでタフでもない。
ましてや金八さんのように理屈っぽいおじさんだったら、現実だと殴られておしまいだろう。
(金八さんファンの方、すみません)

私自身、長い長い間、先生やってきたけれど、今にして思えば、
結局は子どもたちと出会って、自分が成長してきたってこと。
子どもたちには申し訳ないが、
よねごんはヒーローじゃなかったし、半端な大人だったから、
すったもんだして過ごす学校生活の中で、
子どもたちに教えたことよりも、教えられたことのほうが数倍多かった。
a0042798_8232967.gif


つづき・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-31 13:00 | 魔法学校

疲れが・・・

a0042798_20575135.gif

年末、ばたばたの疲れが出たのか、今日はダウン。
子どもたちのこと、また明日の大晦日に書きます。
今日は、早々に寝ます。
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-30 20:58 | つれづれ

魔女の由来

十年近く前、初めてパソコンを買った。
それまでは、仕事はワープロ、その前はガリ版。
年がばれるな・・

MS-DOSの時代に、すでにパソコンを使っている同僚がいたが、
私はワープロで充分だったし、パソコンなんて使えないと思いこんでいた。

ところが、である。
ある日、ある映画を見てしまった。
その映画は、サンドラ・ブロック主演の「ザ・インターネット」

見た瞬間思った。な、なんてかっこいい!
これからの女はこれだ!インターネットだ!パソコンだ!

ということで、次の日、当時20万ぐらいするパソコンを買ってしまった。
ハードディスク1.2GB。
今や、MOでも1.3GBもあるのに・・・
a0042798_1963815.jpg


More
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-30 19:13 | つれづれ

猫のミニケル

前任校は、変な先生のいっぱいいる学校だった。
「変」という言い方は語弊があるかな。
「個性的」と言い直しておこう。

アマチュアではトップクラスのマラソンランナーの先生
半分プロのブルースバンドでドラムをたたいてる先生
極真空手の黒帯の先生は、なぜか教室でピラニアを飼っていた。
宝塚で充分、男役ができそうな美人でちょーかっこいい先生は、
ママさんソフトボールの選手で、数々の試合に出場していた。
おっきな熊さんみたいな体型の先生(男性)は、
お菓子作りでは右に出る者がいないほどの腕前で、
先生たちの誕生日に必ずケーキを焼いてきてくれた。

先生一筋、教材研究に命かけてる真面目な先生も、もちろんいいんだけど、
仕事を離れた時、自分が生き生きできるものがある先生は、面白い。

さて、ミニケルは、この面白い先生たちの一人がクラスで飼っている猫だった。
捨て猫が5年生の教室に迷い込み、いついてしまったのだ。
担任の先生は、共働きで家に置いておけない。
子どもたちも、なかなか猫を飼ってくれそうな家はない。
ということで、ミニケルは昼間は学校、夜は先生の家で暮らすことになった。
a0042798_2110158.gif


つづき・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-29 21:13 | 魔法学校

年賀状

大掃除に明け暮れてたら、年賀状を作るのを忘れていた。
やばい


      「黒い王様」     谷川俊太郎

     おなかをすかせたこどもは
     おなかがすいているのでかなしかった
     おなかがいっぱいのおうさまは
     おなかがいっぱいなのでかなしかった

     こどもはかぜのおとをきいた
     おうさまはおんがくをきいた
     ふたりともめになみだをうかべて
     おなじひとつのほしのうえで

                             <クレーの絵本>より
a0042798_0255399.jpg


単なるへそ曲がりと思ってください。
実は、わたくし、ここ数年・・・年賀状に「あけまして おめでとう」と書いたことがない。
いえ、子どもたちには書いております。
知人に出す年賀状です。

クリスマスもそうですが、お正月も、諸手を挙げておめでとうと言えない気がして。
で、何を書くかというと、一年間で読んだ本の中の一番印象に残った一文。
何年か前に、この俊太郎さんの詩を書きました。

More
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-28 00:38 | つれづれ

冬休み

そんなに大きな家でもないんだが、
大掃除は疲れる。
歳とともに、徹底的にやらないと気が済まなくなってきた。

だいたい片づいたら、
今まで出会った子どもたちの思い出でも、
ゆっくりここに書いていこうと思う。

でも、思うんだけど、このブログに来てくださってる方々、
そんなに多くはないけれど、みんなステキな人たちだな。
サンタの話も、クリスマスイブの時も、それぞれのコメントがまた優しい・・
コメントがなくても、きっと読んでくださった方たちは、色々考えてくださったことだろう。

自称(他称)魔女のよねごんは、
このブログ開くだけで、それを感じることができるのでござる。

そんな人たちがいる限り、子どもたちだってまだまだ大丈夫。

どうかみなさん、「よねごんさん」でも「よねごん先生」でもなく、
子どもたちと同じように、「よねごん」と呼んでくだされ。
友だちのあかしですたい。ほほほ

     そらちゃん、楽しい冬休みを♪
a0042798_20275896.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-26 20:31 | つれづれ

サンタの話・続編

(大掃除でじたばたしているうちに、もう8時・・・
昨日の日記に、コメントがいっぱい^^;書かねば・・・)


終業式の部団下校で、けいごくんが言った言葉。

「サンタクロースなんていないんだ。」

サンタはいると信じている1年生や2年生の前で、
「お母さんが言ってたよ。」
と彼は言った。

1年生も2年生も、けいごくんも、私を見つめる。
ピンチのよねごん!

でも実は、今まで何度かこういうシーンに出くわしてきたのです、わたくしは。
そんなとき、魔法のように現れる本が2冊・・・。


「あーえっと、あたしね、サンタがいるかどうか書いた本を持ってるんだよね。」
けいごくんは、じっと私を見た。
「ほんとに?」
「ほんとでござる。読んでみる?」
こっくりとけいごくんは、うなずいた。

「じゃあね、3学期の始業式の日、持ってくるから。」
「かしてくれるの?その本。」
けいごくんは真剣な顔をしていた。
「もちろん。2年生の教室まで持っていってあげるでござる。約束!」
「うん。」
けいごくんと指切りをして別れた。

よねごんは知っている、
けいごくんが本当は、サンタがいると思いたい、
いえ、いるかもしれないと思ってるってことを。
よねごんを見上げたけいごくんの顔には、確かにそう書いてあったんだ。


  だいじょうぶ     サンタはいるよ けいごくん。

a0042798_2130714.gif

   

その2冊の本
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-25 21:10 | 魔法学校

メリークリスマス☆

a0042798_20354113.gif

クリスチャンではないけれど、
世界中の子どもたちが幸せになれるよう、
祈りをこめて。
私たち大人が、平和のためにできることを
探す聖夜にしましょう。  
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-24 20:36 | つれづれ

サンタの話

昨日は終業式。
学期の最後には、必ず「部団会」なるものがある。
これは、校区を地域ごとに分けた、集団登校をする固まりである。
たぶん、大昔(よねごんが子どものころ)からあるから、みなさんご存じだろう。

私の担当の部団の部団長は、ともみちゃんという六年生の女の子。
とても聡明で美しい彼女は、責任感が強く、
登校中、言うことをきかぬ悪ガキどもにいつも悩まされていた。

でも、部団会でそれについてぶーぶー文句を言うこともなく、
終始にこやかに進行する。
よねごんは、いたく尊敬している。

学期末の部団会では、今学期の登校時の反省を言ってもらうのだが、
3年生の男の子が指名されたとき、
「ぼく、ついつい後ろのようすけくんとしゃべっちゃって、列を乱してしまいます。」
と言った。ようすけくんは困ったような顔で、苦笑いしている。

ともみちゃんは二人の顔を眺めながら、しばらく考えてこう提案した。
「じゃ、ようすけくんと並べばいいね。隣同士でおしゃべりするのは問題ないし。
どうですか?」

あっぱれ、大岡裁き!(古い?)思わず、心の中で拍手しちゃいましたがな。

その後・・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-24 00:02 | 魔法学校

吹雪

今日は、朝から吹雪。
a0042798_2033014.jpg

奈良は平地のほうだと、最近はほとんどと言っていいほど、雪が積もらない。
1年に一回ほど、大雪が降るけれど、それも一日で消えてしまう。

でも今日の朝は、怪しげな雲行き。
9時過ぎから雪が舞い始め、ものすごい北風とともに、あっという間に運動場は真っ白に。

終業式が終わって休み時間、
子どもたちが次から次へと運動場に飛び出してきた。
小さな1年生なんて、吹き飛ばされそうなほどの風と
前が見えないほどの雪なのに。

いやあ、子どもは風の子って、ほんとよく言ったもんだ。

と、よねごんは職員室のストーブにあたりながら、
あっついお茶をすすっておりました。
はっはっは^^;

a0042798_20552962.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2005-12-22 20:53 | 魔法学校