魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

<   2006年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ

世間で流行っているインフルエンザ。
1年生の教室にもやってきた。
金曜日も今日も、6人も休んでいる。
a0042798_19313195.gif

出てきた子もいれば、新たにお休みする子もいたり。
半分はインフルエンザで、半分は風邪。

高熱が出たり、咳がひどかったり、お腹をこわしたり、もどしたり・・
風邪といっても様々だ。

給食の時間も、班に2人しかいないところもあり、少し淋しい。
はずなんだけど、魔の月曜日は6人減などものともせず1組さんはにぎやかだった。

さて、よねごんの5班はたっちゃんとふみなちゃんがお休みで、
インフルエンザが完治したたかしくんと、少し咳が出ているよしきくんと私の3人。
なんとなく淋しい給食だった。でも、会話は面白かった。

よしき「たかしくん、熱出た?」
たかし「出たよ。390度。」
よねごん「さ・・さんびゃくって・・・・・・」
よしき「3,9度だ。あ・・39ぶ?」
たかし「そうそう、39ぶ、だ。」

人間、うろ覚えってのは確かにあるんだけど・・・・。

さらに・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-30 19:48 | 魔法学校

いろんな地域、いろんな国のこんにちはやありがとう。
ブログに来てくださるみなさまから、教えていただきました。
明日、子どもたちと大きな声で言ってみますね。
ありがとう!
a0042798_1914888.gif

朝鮮語 こんにちは→アンニョンハシムニカ
      ありがとう→カムサハムニダ     by SAKURA♪さん

名古屋弁 ひさしぶりだねえ→やっとかめだなも by SAKURA♪さん

ズル語 こんにちは→サウボーナ ありがとう→イヤボーンガ by ephaさん

スペイン語 こんにちは→オラ!  牛→バカ にんにく→アホ by ephaさん

スペイン語 ありがとう→ぐらあ~しあす いいえ→でなだ by mikiさん

つきさんとこ ご機嫌いかが?→だんだんどーも~

ドイツ語 ありがとう→ダンケシェーン(Danke Schoen ! )フィーレンダンク(Vielen Dank !)
          イッヒダンケイーネン(Ich danke ihnen) by りりーさん

インドネシア語 こんにちは→すらまっしあん ありがとう→とぅりまかし by がま親分
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-30 19:15 | 魔法学校

さうぼーな☆

何年ぶりかで体調をこわしてから、
とにかく睡眠不足をしないと心に決めた。
ので、今日はちょっとだけ。
a0042798_21554710.gif

ephaさんがズル語を教えてくれた。
さうぼーな!ぐんじゃーに!

思うんだけど、「こんにちは」と「ありがとう」さえ言えたら、
世界のどこの国の人とも、仲良しになれるかもなぁ。

そう言えば、こないだ英語の先生が
「アロハはどこの国の言葉かな?」って聞いたら、
たっちゃん、間髪入れず「中国!」って叫んでたな。
確かに、「にーはお」と似てるかも・・

英語の勉強もいいけれど、
いろんな国の「こんにちは」と「ありがとう」を、
子どもたちが学べたらいいだろうな。
毎日、日替わりで朝の会に言うのです。どう?
平和を紡ぐって、そんなところから始まるのかもしれない。

ephaさん、ズル語でありがとうはなんていうの?
SAKURA♪さん、ハングルでは?
りりーさん、ドイツ語では?

さあ、他のみなさんも教えてくだされ。
日本の各地の方言でもいいな。
ちなみに、ありがとうは関西じゃ「おおきに」です。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-28 22:13 | つれづれ

いぬぼうかるた

生活科のお勉強で、グループで遊び道具を作ることになった。
2月の最後の授業参観に、
お家の人たちも参加してもらって遊ぶ予定。

ということで、1組も2組も混ざってグループに分かれる。
たんぽぽには、カルタを作るグループと輪投げを作るグループが来た。
これは、制作途中の写真。
a0042798_20491120.jpg

a0042798_2059612.jpg

輪投げチームは、あやかちゃんを中心に着々と進行。
女の子3人が黙々と制作する中で、
ペットボトル切りを仰せつかった、たった一人の男の子しゅんくんは、
小さなはさみでペットボトルを切り続け疲れ果て、
お仕事終了後、見本の輪投げの輪っかで遊んでた。
アフリカの少年のような後ろ姿。
a0042798_20562842.jpg


さてさて・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-27 22:13 | 魔法学校

研究会

今日は、3時間の授業でその後、研究会に参加した。
6つか7つの町の先生たちが一同に集まって、
年に一回大規模な研究会が開かれる。
私は、一つの分科会の司会だった。

分科会のレポートは2本。
そのうちの1本が印象的だった。
50才の男の先生。
緊張していますと何度もおっしゃるその先生は、スーツ姿で、
ぱっと見た感じどこかの会社の課長さんとかそんなふう。

レポートの内容は、2年生を担任して四苦八苦しながら
子どもたちと暮らしていった話しだった。
おそらく高学年ばかり担任してきた彼は、
小さな2年生を持って、高学年と同じように接していたという。
するとある日、子どものお母さんから連絡が入って、
子どもが学校に行きたくないと言っていると。先生がこわいと言っていると。

a0042798_22202632.gif


More
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-25 22:34 | 魔法学校

唐揚げ危機一髪

今日は、お楽しみ献立の日だった。
町内に中学校が二つ、小学校が三つあるんだが、
そのどこかの学校の学年の子たちが、考えた献立をしてくれるのが、
お楽しみ給食の日。
今日は、中学校の2年生の子たちのリクエストだった。

この献立は、その日の朝にならないと何が出るかわからない。
まあ、わずかな給食費から考えて、
ビーフステーキとか、フォアグラとかイクラ丼なんてのはあり得ないけれど。

今日は、さすがに中学生メニュー。唐揚げがついた。
朝の会の時、栄養士さんから献立を書いた紙が教室に届けられ、
担任の先生が読み上げる。
みんな、わくわく。唐揚げのところでは、大歓声だった。

ふだん、けっこういい物食べてる最近のお子さんたちだが、
給食となるとまた別らしい。
a0042798_2154968.gif


ところが・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-23 21:19 | 魔法学校

ハグ☆

日本人は、どちらかと言うとハグが苦手。
というより、習慣がないからかな。

私の友人にきんちゃんとさちこさんというステキな女性がいるんだけど、
きんちゃんは、いつも私に会うと、
「よねご~ん!」と言ってむぎゅっと有無を言わせずハグしてくれる。
さちこさんは、先日偶然京都駅の雑踏で会って、
「きゃあ!」っと言ってハグしてくれた。

まあ、こういう人たちはまれだ。
a0042798_21273180.gif


More
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-22 21:30 | 魔法学校

今日は、父の十七回忌でばたばたしてた。
で、昨日あきらくんが撮らせてくれた歯の写真だけ掲載。
以前書いた、りんご食べたいのに食べられなかったあつしくんを思い出しました。ふふ

a0042798_17214220.jpg


「かたいもの、なんにも食べられないのだよ。んもう、こまるこまるぅ~。」
とあきらくん。
早く大人の歯がはえるといいねえ。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-21 17:24 | 魔法学校

国際理解教育

a0042798_204226.jpg

国際理解教育ってのを
文部科学省が言い出してからどれくらいになるかな。
総合学習をやれと言われたときよりは、
ましだったかもしれない。
総合学習をやんなさいと言われた時は、現場は大変だった。
何がなにやらわからず、先生たちは自腹を切って
高い本を買いあさったものだ。
で、結局その総合学習、
今やお国はもうやらなくていいと言い出しているんだが・・・

さて、本校でも何年か前から、この国際理解教育なるものをはじめた。
3年生以上の子どもたちが、学期に2回ほど、
先生に来てもらって英語を学ぶ。
今年から、これを低学年でもやることになり、
こないだ1年生がその授業を受けた。

先生は、南米で6年暮らしたという女の人。
元気いっぱいの楽しい授業だった。
子どもたちは、牛や犬や猫の鳴き声を英語で叫びまくっていた。
「ばうばう!おぃんくおぃんく!みゃおみゃお」だったかな^^;

で、その先生が大型絵本で見せてくれた動物の中に、
カブトムシの絵があった。
でも、それは子どもたちが見慣れた
あのかっこいいカブトムシとはほど遠く、
まるでテントウムシの茶色いのって感じだった。

子どもたちの失望は、声にはならかったけれど
よねごんにはよく理解できた。
そしたら、先生はそれを知ってか知らないでか、
やおら大きな標本みたいなのを取り出した。
それは、コロンビアに生息するネプチューンオオカブトムシ。
10㎝くらいのおっきいの。

子どもたちから歓声が上がった。
「ネプチューンだ!」さすが、よく知っている。
先生はにこにこしながら言った。
「そう、よく知っているねぇ。これは、まだ小さいほうだよ。
もっと、大きいのがいます。」

すると、たっちゃんがすかさず言った。
「152㎝くらいあるんだよ!」
そ・・・それは、ないでしょ^^;そんなにでかかったら、あんた、
キングコングの映画に出演できるぞ。
と、わたしは思わずつぶやいたけれど、
先生は「15㎝くらいだよ。」とさらりと流して終わった。

さて、よねごんの頭から152㎝のカブトムシがはなれないまま
国語の時間になった。

つづき・・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-19 20:06 | 魔法学校
なんと、長い先生生活で初めて、二日も自分の病で休んでしまった^^;
一日目は、37度前後の熱が出て、うなっていた。
平熱が35度足らずだから、私にしたらたいした熱だ。
発熱は、熱が出てるときより、
熱が出る前のほうがしんどいということを実感した。

二日目は、口の中がからからで、体がだるく休んだ。
お医者に行って血液検査をされたが、
おできのせいで炎症反応が出ているくらいで問題はないらしい。
ちなみにおできは、ほぼ完治。

「風邪の症状はありませんか?」とお医者さんに聞かれたので、
「一応、鼻水、咳は出てません。」というと、
「あーそうですか。ま、風邪薬出しておきます。」だって・・・

うーーーわからん。
a0042798_1963859.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2006-01-19 19:09 | つれづれ