魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

プールサイドにて

梅雨の中休みだそうだが、
いいかげんにしてくれと言いたいくらい暑い日が続く。

梅雨の間は、少しでも晴れたらプールに入れるという方針の2年生の先生たち。
おかげで、晴れた日はほぼ毎日、子どもたちはプールに入っている。
a0042798_2125429.gif

今日も、プールサイドでよねごんは、
海水浴場でかき氷を売ってるおばさんみたいなかっこうで、
椅子に座ってぼーっと、子どもたちが水しぶきをあげているプールを眺めていた。

よねごんの隣の椅子には、とびひで入れないきいくんが、
同じく、ぼーっと座ってプールを眺めていた。

「きいくん、まだプールはだめですか。」
「うん、今日病院へ行ってみないとわかんないの。」
「どれどれ。」
きいくんの可愛い顔を眺めると、ほぼ治っている感じ。
「もう大丈夫そうですね。きっと、今日病院でOKが出ますよ。」
「母さんもそう言ってた。」

そこへ、寒そうにしながらたからくんとゆうくんがプールから上がってきた。
「唇が紫色ですね。」
二人のがちがち震える顔を眺めて、バスタオルを着せてあげた。
そこへ、あっくんもやってきた。

あっくんは、一年生の頃から、水泳がものすごく苦手。
はるなちゃんとみずきちゃんもそうだったが、
一年たって、はるなちゃんは来週からスイミングに通うとはりきっているし、
みずきちゃんは、怖い気持ちを克服し、がんばって泳いでいた。

しかし、あっくんは気持ちはがんばりたいんだけど、
どうしても体がついていかないようだった。

「あっくん、来週からよねごんと楽しく泳ぐ練習やってみますか?」
あっくんは、もごもごしていた。
「みなさん、知ってますか、人間はお母さんのお腹にいる間、
水に浮かんでいたのです。」
「知ってるよ、へその緒で酸素をもらっていたんでしょ。」
「へぇ、物知りだなぁ。ゆうくんは。」

あっくんは、笑うでもなく泣くでもなく、複雑な表情で座っていた。
「まあ、あれです。みんな、最初は水に入るってこわかった。
こわくて当たり前です。
あんなにいっぱいの水の中へ、えらもひれもない人間が入るのですから。」
よねごんの気持ちを察したきいくんが言った。

「ぼくも、初めてプールに入った時は、すごくこわかった。」

続いてゆうくんも言ってくれた。

「うん、ぼくだって最初はスイミングで、入るのいやだって泣いてたんだよ。」
「そういえば、ゆうくんは一年生の頃、
暇さえあれば泣いていましたが、
今はぜんぜん泣かなくなりましたな。たいしたもんだ。」
ほめられたのかけなされたのかわからない顔で、ゆうくんは笑った。

たからくんも、言ってくれた。
「ぼくもだよ。でも、泳げるようになったら、嘘みたい。」
たからくんは、スイミングで4級の腕前なのだ。

あっくんの顔が少しほころんだかのように見えた。
ところが、そこへあがってきたこうちゃんとたっちゃんが言った。
「ぼくなんか、最初からぜんぜんこわくなかった。」
「ぼくも!」

意地悪よねごんは、言ってやった。
「あら、たっちゃん、トイレの花子さんが怖いくせに。」
てへへと照れ笑いのたっちゃんに、ゆうくんが言った。

「女子便の三番目のトイレに花子さんがいるんだって。」
「あー、あのトイレはちょうつがいが壊れてるんですよ。
教頭先生が、治してくれるはずです。
しかし、女子便で花子さんなら、
男子便には太郎さんがいるんでしょうかね。」

わけのわからんよねごんの発言にゆうくんが続いた。

「そうだよ、太郎さん。男子便には太郎さんがいる。」
「嘘!」たっちゃんが、思わず口をはさんだ。

「でもま、大丈夫です。こないだ、花子さんと太郎さんには、
お願いして、たんぽぽの戸棚に入ってもらいました。
たっちゃん、もう安心してトイレに行けますわよ。」

たっちゃんは、半分信じたような、信じないような顔で、
再び、プールに戻って行った。


学校には、花子さんも太郎さんも次郎さんもいる。
辛い思い、悲しい思い、くやしい思いをした
子どもたちの亡霊が、放課後の校舎をさまよっている。

そんなこと言ったら、みんな怖がってしまうから、
賢明なよねごんは言わないけれど。

よねごんは、誰もいない教室で、時々そんな子たちと話しをする。

きらきら輝く水しぶきを眺めながら、
ふとそんなことを考えた暑い日でした。

あっくん、泳げるようになる日が来るといいね。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-29 21:39 | 魔法学校

ロボット

図工の時間、家から持ってきた箱やカップなんかで、
2年生のみなさまは、ロボットを作った。
出来上がったロボットをたんぽぽに持ってきて、
一々説明してくれるんだが、その説明がまた面白い。

あまりにももったいないので、
担任の先生たちにお願いして、説明書きをつけてもらった。

一部、ご紹介します。
画像をクリックしてもらうと、説明書きが読みやすいです。

a0042798_21572366.jpg


a0042798_2213589.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-27 22:01 | 魔法学校

アンディ2

アリゾナからやってきたアンディが、2時間目の休み時間、
にこにこしながらたんぽぽにやってきた。

手には、何やらいっぱい入ったビニル袋が握りしめられていた。
「よねごん、これ見て。」
「はいはい、なんざんしょ?」

アンディが、おもむろにビニル袋から取り出した物は、これ。

a0042798_1923097.jpg



出るわ、出るわ・・・なんと、たくさんのてるてる坊主。
そう言えば、今日は雨だが・・

「すごい。でも、またどうしててるてる坊主なんですか?アンディ。」
アンディは、にっこり笑って答えた。
「ぼく、てるてる坊主が好きなの。でも、アリゾナでは雨が降らないでしょ。
だから、日本で雨降ったら、作るの。」
「あーなるほど、アリゾナでは、てるてる坊主はいらないんですよね。
しかし、すごい数ですな。素晴らしい。」

アンディは、満足そうにそのたくさんのてるてる坊主を、
また袋に詰め込んで、教室に戻って行った。
砂漠の町から来た少年と、てるてる坊主。ふむ。
これは、ポエムですな・・と、雨のふる窓の外を見ていると、
またアンディがやってきた。
「よねごん、見て。」

a0042798_1837911.jpg


「おー、てるてる坊主のアパートですか。」
「そうなのよ。」
よねごんに写真を撮らせて、満足したのか、
今度は、たんぽぽにある山のようなペットボトルに目をとめたアンディ。

「よねごん、あのペットボトルで遊んでいい?」
「どうぞ、どうぞ。お好きにしてください。
でも、誤解のないように言っておきますよ。
それは全部私が飲んだんですが、一気に飲んだわけじゃないですからね。」

りなちゃんとの苦い経験を思い出して、くどくど言い訳をしているよねごんを尻目に、
アンディがせっせせっせと何か作り始めた。

a0042798_18471126.jpgそれが、これ。

「おーすごい。これは、なんでしょうか?」
「東京タワーだよ。ぼく、東京タワーが好きなの。
アリゾナには、ないからなぁ。」
「なるほど、東京たわーですか。」
テープを巻くのを少し手伝って、完成した東京タワーを
アンディは、大切に抱えながら1組の先生に見せに行った。

しばらくして、アンディがまた
でかいタワーを抱えて戻って来た。

「ヤシの木だって言われたよ。」
「ヤシの木か・・なるほど、
そう言われればそう見えますかねえ。
しかし、椰子の木なら、
やはり椰子の実がついてないと・・。」
「椰子の実って、どうやって作るの?」
アンディは、興味津々。あー言わなきゃよかった・・

「えーっと、そうですね。
茶色い紙をボールみたいに
丸めちゃうと椰子の実になりますかね。」

a0042798_18575326.jpg

そして、椰子の木は完成。

自分の背よりもはるかに高い
東京タワーから変身をとげた椰子の木を見上げながら
「アリゾナに持って帰りたいなあ。」
アンディが悲しげな表情で言った。
「でも、無理だよね。」
「ですね。飛行機に乗せてもらえないかも・・・
大丈夫ですよ。よねごんが、責任を持って来年まで預かりましょう。」

アンディのうれしそうな笑顔を見送って、
さてさて、来年までこれをどこに置いておこうかと
たんぽぽに突然やってきた、
椰子の木を眺めるよねごんでありました。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-25 19:07 | 魔法学校

カッターナイフ講習会

事の発端は、よしきだった。
給食を食べ終えて、たんぽぽに戻っていると、
よしきが入ってきた。

「よねごん、つまようじ持ってない?」

たんぽぽは、どらえもんのポケットだと思っている子どもたちは、
なんでもかんでも、たんぽぽにないかと聞きに来る。

「つ・・つまようじですか?うーん、あったかなぁ
でもまた、何に使うのですか?」

引き出しをごそごそ探しながら、聞くと、
「歯に何かつまってるんだけど、歯磨きしてもとれないの。」
なさけなさそうに、歯をしーしーやってよしきが言った。

引き出しをひっくり返していると、つまようじは出てこなかったが、割り箸が出てきた。

「仕方がないですねえ。これで、どうでしょう。」
よねごんが割り箸をにゅっとよしきに見せた。

「ど・・どうやって、おはしでとるのよ。」
よしきがぱくぱくしている。
「ふっふっふ。見ててください。よねごんは、魔女なのです。」

よしきの前で、よねごんがもちろん魔法をかけたわけではない。
取り出したのは、カッターナイフ。
紙をしいて、割り箸を割って、カッターナイフで削っていく。
目を丸くしているよしきの前で、つまようじというよりは、
竹串に近いものが完成。
「すごい!」という一言を残し、
よしきは、それをくわえて去って行った。

それで、終わるはずだった。

チャイムが鳴って昼休み、たっちゃんとよしきとたけるくんが
たんぽぽに飛び込んできた。
「よねごん、あれ、作りたい!作りたい!」
「あ・・あれって?何を?」
よしきがにっこり笑って、さっき作ったでかいつまようじを見せた。

「あー、カッターナイフですか。」
「うんうん、それそれ。させて~。」
何でもやってみたがりのたっちゃんが言う。
「仕方ないですねえ。でも、このカッターナイフは大変危険なものです。
約束をちゃんと守るなら、秘伝の技術を教えてしんぜよう。」
「守るまもる、まもるうう。」
ということで、カッターナイフの使い方講習会が
たんぽぽで開かれることになった。
ほんとは、やりたくなかった。

3人が、割り箸を片手によねごんの指導のもと、
カッターナイフでせっせせっせと削っていると、
来るわ来るわ、次々とやりたいやりたい!

たんぽぽの黒板には、予約がいっぱい。
a0042798_20392637.jpg

1・刃を出したまま、持ち歩かない。
2・刃の先に手を置かない。
3・出したゴミは、自分で始末する。
4・木を大切にするため、割り箸は一人1本だけ。
5・よねごんがいるときだけしか、できない。
5つの約束が申し渡された。

子どもたちは、真剣な表情で、
割り箸を削っていく。

a0042798_20414214.jpg


雨が降って外で遊べないということもあったが、
朝休み、中休み、昼休み、ここ三日間、毎日割り箸削りが続いた。
子どもたちは、削って削って、削り続けた。

さて、そんな中、ゆうたくんがうれしそうにやってきた。
「見て、よねごん。これ、作ったよ。」
見ると、あの割り箸が鉛筆に変身していた。

a0042798_20454947.jpg

              『えんぴつになってみたかった おはし』

すごいねえ、子どもたち。
よねごんの苦労が報われる一瞬でした。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-23 20:58 | 魔法学校

のれんといふもの

たんぽぽにのれんがかけられた。
と言っても、よねごんが小学校で飲み屋を開くわけではない。

プールの着替えで来る女の子たちは、
よねごんがびしっと指導したので、あれ以来、さっさと着替えるようになった。
でも、いくら言っても上からぬいじゃうので、必然的に素っ裸になってしまう。
後から、遅れてやって来る子がドアをあけると、
なかは、丸見え。これでは、あんまりだなあ、ということで、
よねごんは、近くの百均へ走って、のれんを二つ買ってきた。

丈が長くて涼しげな柄を・・と思ったんだけど、
そんな贅沢も言ってられなくて、とりあえずあるのを買い、
たんぽぽ教室の二つの入り口にかける。

a0042798_21362342.jpg


ちょっと変かなあと思っていたけれど、
教室を通り抜ける風に、のれんが揺れて、なんだか涼しげ。

なかなか風情がある。
1組の先生が、「なんですか?これ」
と聞いたので、かくかくしかじかと説明を。
「風呂屋みたいだなあ。」と笑っていた。

ふむ、風呂屋・・・・
そうこうしているうちに、よしきとこうすけくんが入り口に。
「男湯はどっちだ?」
「こっちかも。」
「よし、入ろう。」
とか言って、のれんをくぐって入ってくる。

あたしゃ、番台のおばちゃんかい。

出たり入ったり、のれん一枚でそんなに遊べるものかと思うくらいに、
子どもたちが、楽しんでくれた。

放課後、静かになったローカに校長先生が現れた。
「ほー、涼しげですなあ。」
のれんをくぐって顔を出した校長先生に、
思わず「いらっしゃあい」と言いそうになった・・・やば
あわてて、何故のれんかをかくかくしかじかと説明する。

一日で、同じ説明を何回繰り返したか・・・
明日の職員朝礼で、みなさんに言っておいたほうが
一度ですんでらくかもしれない。

とりあえず、プールの授業が終わる夏休みまで、
たんぽぽ教室にはのれんが揺れることになった。
ついでに、お茶のおまけについていた風鈴を窓辺にぶら下げてみた。
小さな風鈴が風に揺れてちりんちりん。
うちわは、もともと数枚たんぽぽにある。
後は、蚊取り線香の煙と、スイカがあれば・・・・。

夏は、もうすぐ。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-21 21:48 | 魔法学校

学級園

5月に植えた野菜がすくすく育っている。

a0042798_22144032.jpg


とうもろこし、枝豆、なすび、かぼちゃ、きゅうり、シシトウ
チューリップが咲いていた子どもたちの植木鉢には、
トマトが植えられた。
それから、あいた畑によねごんが植えたハーブ。

a0042798_2214040.jpg


観察に来た子どもたちが、わいわい言ってるなか、
よねごんは、せっせせっせと草ひきおばさんをやっていた。

「よねごん、何してるの?」
「見てわからんかい。草ひきしてるのでござるよ。」
「よねごん、ありがとう。」
「ふっふっふ。どういたしまして。
野菜が育ったら、ぜーんぶよねごんがいただいちゃうから、がんばっているのだよ。」
「えーー、そんなあ。」
「働かざる者、食うべからずって言葉、知ってるでしょう?」
「知らない。」
「あ・・あ、そう。まあ、いい。
とにかく草ひきを一生懸命やることで、野菜に養分が行き、育つのです。
だから、草ひきを熱心にやった者こそ、野菜をいただく権利があるのでござる。
おわかりかな?うっはっは。」

その日から、思い出したように、子どもたちが草ひきを手伝いに来る。
仕方ないなあ、ちょっとわけてやるか。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-19 22:28 | 魔法学校

トマトといふもの

a0042798_7363797.gif
好き嫌いは誰にでもあるものだが、
それが許されないのが給食である。

先生だって、嫌いな物があるんだけど、
そこは、うまくごまかしてるようだ。

よねごんの苦手は、イクラとらっきょなんだけど、
まあ、給食にこれらが出ることは無いので、ラッキー。

昔から、野菜全般が苦手な子ってけっこういる。
その中でも、プチトマトは頻繁に給食に出るのに、
苦手な子がクラスに必ずいる。

先日、そのプチトマトが出た。
一人、二個なんだけど、苦手な子は一個に減らしてもらう。
あきらくんは、このトマトが大嫌い。
いつも、口の中に入れて、片方のほっぺをトマトでぷっくらふくらませたまま、
長い長い間、がんばっている。

「ぱくっと食べて、がーっとご飯を食べると大丈夫」
「ごくっと飲んで、牛乳をぐぐっと飲めばいけるよ」

みんな、適当なことを言って励ますんだけど、
苦手な子にとってはそう簡単じゃない。

すったもんだしている時、よねごんの前で食べていたともくんが
「あ・・トマト落ちてる。」と言った。
ともくんの机の横の床に、ころりと一つ、プチトマトが転がっていた。

「あらら、誰か落としたんだね。
おーい、プチトマト転がってるよ~落としたのだれえ?」

よねごんがみんなに聞いたけれど、誰からも返事が返ってこない。

「あらら、持ち主が現れませんねえ。」

すると、将来名探偵コナンになる予定のこういちくんがやってきた。
名探偵こうちゃんは、落ちているプチトマトには触れずに現場検証をする。
彼は、白い手袋と虫眼鏡こそ持っていなかったが、大変熱心に観察した。
しかし、よねごんにはどう見ても、
ただ、床にプチトマトが転がっているようにしか見えなかった。

おもむろにこうちゃんが言った。
「ともくんが見つけたとき、トマトはどんな感じでしたか?」
ともくんが言った。
「ここにあった。」
「どっちから転がってきたか、見ませんでしたか?」
「見たときは、もうここにあった。」
「うむ・・・・。おかしい。」
腕を組んで難しい顔で、転がっているプチトマトを見つめる名探偵こうちゃん。

ばくばく給食を食べながら、よねごんがよけいなことを言った。
「一言申し上げますが、事件が起こった場合、
やはり一番に疑うのは、誰だと思いますか?名探偵」
こうちゃんが、にらんでいたプチトマトから目をあげてよねごんを見た。

「第一発見者です。」
「そうです。」
こうちゃんとよねごんは、なにげに給食を食べているともくんをじっと見つめた。
ともくんはその言葉で、
給食をのどにつまらせそうになりながら、あわてて言った。
「ち、違うよ。ぼく、ちゃんと食べたよ。ほんとほんと。」

ぶんぶん首をふるともくんが少し気の毒だったので、よねごんが言った。
「まあ、ともくんのお皿にはプチトマトのへたがちゃんと残されてますし、
ともくんはプチトマトが大好きですから、犯人ではないでしょうね。」

しかし、名探偵こうちゃんが言った。
「でも、この転がっているプチトマトにもへたがない・・・。」
「だ、だから違うって。ぼく、トマト大好きだもん。」
ともくんは、必死になって言った。

「どちらから転がってきたかは、見なかったのですね?」
こうちゃんが腕組みしたまま、ともくんに念を押した。
「だから、見たときには、ここにあったの。」
「うーん、謎だ・・・・。」
こうちゃんはさらに難しい顔で腕を組み直しプチトマトを見つめた。

結局、持ち主は現れず、
ぼく食べていい?とともくんが、そのプチトマトをひろって、
さっさと手洗い場できれいにあらって、ぱくっと食べちゃって、
事件は迷宮入り、トマトはともくんのお腹入りになりました。

トマトを口に入れたまま、がんばっていたあきらくんは、
意を決して牛乳ごと丸飲みしたようです。

たかがトマト、されどトマト。
いいだんけどね、嫌いな物もあって。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-18 08:06 | 魔法学校

日本全国味めぐり2

さて、先月から始まった給食の「日本全国味めぐり」パート2は、愛知県。


a0042798_76736.jpg


栄養士さんからの説明プリントから抜粋

a0042798_785791.gif


『セルフ天むす・青菜和え・味噌煮込みうどん』

名古屋ではお味噌を使ったお料理が多く、味噌煮込みうどんのほかに、みそかつなども有名です。
また、味噌は濃い赤色をした八丁味噌と言われるものを使用することが多いです。
天むすは、甘い醤油ダレのかかったえび天をご飯にのせて、のりで巻いて食べます。
他にも、名古屋にはおいしい郷土料理がたくさんあります。いくつか紹介します。

☆名古屋のうまいもん市!!
・なごやコーチン(鶏肉) ・ひつまぶし(うなぎ丼) ・きしめん(平たい麺)
・ういろ(ようかんのようなお菓子)

a0042798_715610.gif


献立の中身を知らなかった子どもたちは、味噌うどんを見て、
「カレーうどんだ!」と言っておりました。
「カレーの香りがしないでしょうに。」よねごんが言うと、
「カレー色うどんだ。」とこうきくん。

結局、味噌煮込みうどんだとわかったんだけど、
こちらの子どもたちは、あまりみそ味のうどんは食べないみたいで、
おいしい、おいしいと言いながら、
カレー色みそ味うどんを食しておりました。

ただ、天むすはのりに包むのにすごく手間取って、
この日の給食は、お昼休みになっても食べてる子がいっぱいいましたが^^;

さて、来月はどこのお料理かな。楽しみ、楽しみ。
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-17 07:19 | 魔法学校

「いろんなわたし」

奈良県では、毎月11日を人権を確かめ合う日としている。
で、毎月11日前後に、学校でも全校集会を行う。

先日、その集会があり、3年生が発表した。
奈良県の先生方が作った、人権教育の副読本「なかま」の中にある
「いろんなわたし」という教材。
大きな元気な声で、朗読してくれた3年生。
ちょっと胸が熱くなりました。


a0042798_191733.gif

       いろんなわたし

じぶんのなかに
いろんなじぶんがいるって
思うことある?

家にいると動きまわっているのに
学校に行くとおとなしくなっていたり
二年のときの先生には何でも話せたのに
三年のときの先生には何もはなせなくなったり
ひとりでいるとおばけがこわいのに
「こわいよ」と泣く妹の前では
もうこわくなくなっていたり
昨日は仲よくしていた友だちに
今日はいじわるしてしまったり

場所によって相手によって時によって
いろんなじぶんがいるなって

そのなかには
好きなじぶんもこまったじぶんも
元気なじぶんもなさけないじぶんも
がんばっているじぶんもなまけているじぶんも
いる

いろんなじぶんがいることが
しんどいこともあるけれど
こまったじぶんやなさけないじぶんを
好きなじぶんや元気なじぶんが
はげましてくれることもある
がんばりすぎちゃったじぶんを
なまけもののじぶんが
休ませてくれることもある

いつでもどこでもだれでにでも
おなじだったら
石みたい

じぶんのなかのいろんなじぶんが
ぶつかりあったり支えあったりしているからこそ
わたしは生きているんだと思う

a0042798_191403.gif

[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-15 19:05 | 魔法学校

プール開き

本当は、金曜日にあるはずだったプール開き。
雨で流れて、昨日に延期になった。
この時期は、曇天だとまだまだ水温が低い。
昨日も、ぎりぎりで何とか入れることになり、大喜びの子どもたち。

1年生のときは、男の子も女の子も一緒に教室で着替えていたのだが、
2年生は、男の子が1組で、女の子が2組で着替えることになった。

1時間目が終わり、さあ着替え。
1組の男の子たちは、あっという間に着替えて、プールに走って行った。
ところが、2組の女の子たちは、なかなか着替えが進まない。

教室に入って行くと、バスタオルを体にまきつけて
芋虫状態になった女の子たちが、
もそもそ、ごそごそやっている。
あきれたよねごんが言った。

「あんたたち、何してるの。」
「何って、着替えてるんでしょ。」
みずきちゃんが言った。

「それはわかっておる。
しかし、なんだね、そのバスタオルは。
いいですか、言っちゃなんだが、君たち。
顔を隠したら(いや隠さなくても)、
男の子なのか女の子なのかわからんのだよ、君たちは。
おっぱいもおへそも同じぺったんこでしょうに。
バスタオルで隠して着替えるのはね、
よねごんのように、ばっちりおっぱいがおっきくなってからでいいのです。
おっぱい隠すなんて、十年早い!
さっさと、バスタオルはずして着替えなされ。」

「よねごんのおっぱい、そんなおっきくないけど。」
横でのりちゃんが言った。ふん。

ということで、みんなやっとさっさと着替えはじめた。
知っていますか?
ちっちゃい女の子たちって、水着のどっちが前でどっちが後ろかわからんのです。
「ねえ、よねごん。前はどっち?」
着替えの間、何人の子に聞かれたか。

a0042798_1972527.jpg


すったもんだの末、やっとプールの授業が始まった。
さすがに水温があまり高くないので、10分もつかったら、
唇を青くして出て来る子が何人かいたが。

a0042798_199975.jpg


これは、アンディとゆうたくん。
二人で銀行強盗をするそうだ。
できるかも。ふふ。

まだ少し寒かったけれど、これから楽しい夏の始まり始まり~
[PR]
by yonegon_gon | 2006-06-13 19:16 | 魔法学校