魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日のちょこっと

今日の昼休み、二階のたんぽぽの教室から、
何気なく外を見た。
下の体育館への渡り廊下の向こうで、
5年生の男の子たちが、ボールで壁あてをしていた。

すると、そのうちの一つのボールが
あろうことか、渡り廊下の屋根の隙間に乗っかってしまった。
あらら・・・

a0042798_203421.jpg

すると、一人の男の子がのっかったのと同じ緑色のボールを、
屋根のすきまのボールめがけて投げた。
見事、命中!すごい、コントロール!
しかし・・・
その投げたボールが、屋根に残ってしまった。あらら・・・

a0042798_2051886.jpg


それで彼は、もう一度ボールを投げた。
また、的中!すごい!
でも、やっぱり投げたボールが残ってしまった。



次に彼らは、違う色のボールを投げた。
しかし、コントロールミス!

a0042798_2084252.jpg


そこまで見た時、ローカから、たからが「よねごん!」と呼んだ。
次回の漫才ショーの台本の元を、彼はもう作ってきたのだった。

はぁ・・・まだ、やる気か・・・

その台本に目を通しながら、机に戻る。
掃除のチャイムが鳴っていた。
ふと、思い出して下を見ると、そこにはもう誰もいなかった。
でも、屋根の上には・・・

a0042798_2094797.jpg


がんばったのにね。5年生。
あのボールたち、どうなるんだろ・・・
[PR]
by yonegon_gon | 2007-06-26 20:12 | 魔法学校
さて、去年から始まった「たんぽぽ漫才ショー」
実に、今回で第6回目を迎えた。

なぜか、漫才ショーの日は雨の日が多く、
外に遊びにいけない子どもたちが、どっと押し寄せ
会場は、大入り満員。

a0042798_6134793.jpg

レギュラーで毎回とりをつとめる「ホワイトケチャップ」のこうちゃんとたからは、
リハーサルまで、セリフが入ってなかったのに、
本番では完璧にやってのけた。

回を重ねるごとに、出演者が増えて、
今回はスペシャルゲストとして、
まほちゃんとしゅんくんが「勇気100%」の歌を披露した。

a0042798_675186.jpg


漫才チームは、今までで最大の7組。
しかも、真ん中あたりでよしキングが「恋のナポリタン」を
バックダンサーを引き連れて熱唱した。

a0042798_6104819.jpg


ちょっと、場末のエルビス・プレスリーみたいだったが・・・

今や、よしキングは学校中の人気者だ。
彼は、マイクを持つと変身する。
毎回、司会も完璧にやってのけた。
彼の将来の夢は、「ミュージックステーションに出るスター」

でもよしキングは授業時間、先生にあてられると、
緊張のあまり酸欠の魚みたいになる。
マイクを持って衣装をつけたよしキングと、
授業中のよしキングのギャップは、何とも不思議なものだ。

では、司会者よしキングの今までの変身ぶりを一挙大公開!


a0042798_6221014.jpg

a0042798_6222055.jpg


もう、子どもたちは次の漫才ショーにむけて意欲満々。
もしかしたら、動画を少しのせられるかもしれません。
いつになるか分かりませんが、お楽しみに。

よねごんは、次回のよしキングのカツラを何にするか、
またしばらく悩みそうです^^;
[PR]
by yonegon_gon | 2007-06-23 06:28 | 魔法学校

つづくの謎

なぜだかわからないが、こうきが最近はまっているものがこれ

a0042798_20222911.jpg


どこにでも、何にでも彼は「つづく」と書く。
黒板にも、ノートにも、机にも・・・
私がしゃべっていると、横に立って、鉛筆に貼ったこれを出す。

a0042798_20233736.jpg


これは、なかなかうける。
しかし、なぜ「つづく」なのだろう?

本人に聞いても、「さあ?」っと可愛い笑顔を見せるだけ。

んまあ、人生は最後の時を迎えるまで、
「つづく・・・」なんだけどね。こうき。
[PR]
by yonegon_gon | 2007-06-17 20:28 | 魔法学校

習字

三年生になると、新しいことがいっぱいある。
理科、社会、習字、リコーダー

この中でも、習字は子どもたちより先生のほうが緊張する。
なぜなら、一つ間違えると悲惨な教室になるからだ。

初めて筆を持ち、墨を使う子が多い。
なぜ、そこに墨がつくの?
というような場面が多々ある。

前の子の背中。机の中の教科書。ローカ。窓。顔。頭。
べつに、筆を振り回しているわけでもない。
真剣に半紙にむかってはいるのだが、
なぜか、信じられない所に墨がついている。

学年便りで、習字のある日は、汚れても良い服装で来てくださいとお知らせする。
先生も、おニューのジャージは着ない。

ということで、最初の習字の作品は何とか完成。

a0042798_20141077.jpg


たけるくんが一生懸命洗った手を、うれしそうに見せてくれた。

a0042798_20145176.jpg


こんなのは、まだましだ。

ところで、みなさんご存じだろうか。
私もびっくりしたのだが、
最近、硯石がプラスティックでできているものがあるのです。
理由は、登下校に重いから。^^;
当然、プラスティックの硯で墨をすることはできない。
なのに、習字セットには墨が入っている。
墨をしっかりすることで、手首の準備運動をし心を平らにするという、
書写の鉄則なんて、くそくらえである。
まいった。

それに墨汁も、布についても洗い流せるのが出ているのだが、
これは、半紙に書いてもなかなか乾かず、
他の子の作品とうっかり重ねると、悲惨なことになる。

時代は変わるというが、大事にしなければならないものもある。
教材屋さんの商魂がこうさせたのか、
保護者の過保護がこうさせたのか・・・・

なんとも、であります。
[PR]
by yonegon_gon | 2007-06-10 20:21 | 魔法学校

うちのイケメン先生

さて、子どもたちの自慢のかっこいいたいし先生の写真
アップいたします。(本人の許可済み)
身長180センチ、バスケットボールの選手だったとか。

これは、子どもたちに「はあい、変な顔してえ~」と
よねごんが言って、ぱちりと摂った写真の一部でございます。
たいし先生だけ、涼しい顔^^;

a0042798_2225443.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2007-06-03 22:26 | 魔法学校