魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

宴の後

金曜日、芝居の小道具、大道具、衣装がちらかったたんぽぽは、
まるで大きなゴミ箱と化していた。

a0042798_20584880.jpg


それを片付けようとしていると、りょうまが来た。
学校は、金曜日から個人懇談。
懇談に来るお母さんを待つ間、
りょうまは、たんぽぽで過ごしたいと言った。

「ゴミ箱状態ですが、どうぞどうぞ。」

どこから手をつけてよいものやら、
ため息混じりのよねごんを尻目に、
りょうまは、ちらかっている段ボールに目をつけて、
こう言った。

「この段ボールで遊んでいい?」
「どうぞ、なぐるなと蹴るなとお好きにしてください。」

それから、小一時間、りょうまは段ボールめがけて、
ずっと、スライディングをやっていた。

それを見ながら、水曜のリハーサルのことを思い出して
よねごんは、ちょっとにやにやしてしまった。

水曜の昼休みのリハーサルは、悲惨だった。

まず、あっくんはお父さん用に保健室から借りてきた、
白いポロシャツをきれいに裏返して着ていた。
それで、ボタンがとまらず、蝶ネクタイが結べなくて、
衣装係さんが困り果てていた。

りょうまは、お母さんの役。
彼には、よねごんの古いブラウスをワンピース代わりに渡してあった。
後ろでファスナーをしめるようになっていたのだが、
りょうまは後ろと前を反対に着て、前でファスナーをしめていた。
お母さんように渡してあったロングのシルバーのカツラは、
ぐちゃぐちゃになって、かぶるとそのまま幽霊みたいだった。

ピーターパン役のこうちゃんは、
リハーサル1分前になっても、着替えずに遊んでいた。

インディアンの手下のたかしのために作った、
ヘアバンドの羽根飾りの羽は、
何度立てても、元気なく倒れてしまった。

インディアンの長の衣装は、よねごんが、
百均で買ってきたフェルトで、丹誠込めて作った力作だが、
衣装係さんは、大あわてだったのだろう、
見事にぐちゃぐちゃに着せてくれた。
しかも、長のあっくんは出番で飛び出してきて、
なぜか「きゃっ」と一声叫んで、引っ込んでしまった。

とりあえず、何とかラストシーンまでこぎつけ、
照明が少し暗くなり、夜の窓のシーン。

窓の向こうの海賊船の形をした雲を眺め、
お父さん、お母さん、子どもたちが
ピーターパンに思いをはせるという、美しいシーン。

やれやれ、これで終わりだと、よねごんが思いかけたその時、
なぜかその美しい窓の下を、
チクタクワニがのそのそと出てきたのである。

「ゆうと!たつや!わにいいいいいい!
なんで、今、そこに出てくるんやあああああああああああああ!」

と、ついにぶちきれたよねごんは、叫んでしまった。

これが、ゆうととたつやの力作のワニでございます。

a0042798_21245868.jpg


裏は、こんな感じ。

a0042798_21253853.jpg


ま、とにかく、あの凄まじいリハーサルを乗り越えれば、
もう本番、何がきても怖くはなかった。

しかし、なんだってあの子たちは、本番、あんなに強いんだろう。
まさに、先生泣かせだよなあ。

そんなことを思いながら、りょうまのスライディングを見ていたら
時間がなくなって、結局たんぽぽは片付かず。

ま、いっか。ははは
[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-17 21:32 | 魔法学校

ピーターパン大成功!

昨日、劇団たんぽぽは、ピーターパンのリハーサルをやった。
しかし、そのリハーサルは惨憺たるものだった。

今日は、本番。
おりからの雨で、外に遊びに行けない全校のみなさんは、
続々と体育館に集まった。
それに、お母さんやお父さんまで、
わざわざ見に来てくださって、体育館は人でいっぱい。

a0042798_19281827.jpg


よねごんは、昨日急遽準備したハロゲンライト2器のスイッチを押すために、
フロアにスタンバイ。
昨日のめちゃくちゃリハーサルなどものともせず、
劇団たんぽぽのみなさんは、完璧にやってのけてくれた。

a0042798_1931526.jpg


大道具、衣装、照明、効果、
全部、3年生の子どもたちだけでやりきったのだから、
十数年芝居をやってきたよねごんも、感激!

練習時間は、すべて20分の昼休みと15分の業間休みだけという
すこぶるハードな中、よくぞここまでやったもんだ。

a0042798_19332846.jpg


「次、西遊記やろう!」
「桃太郎!」「シンデレラ!」

お芝居が終わったすぐ後から、もう次の話がわいわいと・・
うれしんだけど、よねごんはしばらくお休みしたいと
ちょこっと、思ったりしてるんですが・・・

とにかく、大成功のピーターパン。
みなさん、お疲れさまでした。
[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-13 19:37 | 魔法学校

誕生日

昨日は、よねごんの誕生日だった。
今日、日頃お世話してあげている子どもたちから、
すてきなプレゼントが届いた。

a0042798_21532396.jpg



では、ご紹介。
みさちゃんは、指編みで編んだコースター。
つぐみちゃんは、クリスマス仕様のフェルトのしおり。
あいりちゃんは、モールで作ったきれいな指輪。
たいきは、これも指編みで根気よく編んだマフラー。
りこちゃんは、透明な色紙で折ったかわいい紙風船とハート。
それから、お祝いのカードなどなど。

今年も幸せな誕生日のよねごんでした。
[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-10 21:52 | 魔法学校

遠い昔の日記1

パソコンを買い換えて整理していたら、
かなり昔の日記のデータがあった。
これは、何年も前、5年生を担任したときの日記。
あんまりおもしろいので、少しご紹介。

a0042798_7532088.gif


教室に行くと、みゆちゃんがやってきました。
「俊一が、30センチざしで背中をたたくの。」
私は、聞きました。
「俊一、どうしてみゆちゃんをたたいたの?」
俊一は、答えました。
「だって、なんかいっぱい言ってくるもん。」

私は、聞きました。
「みゆちゃん、何言ったの?」
みゆちゃんは、答えました。
「だって、俊一がリョウを泣かせたから・・・。」
リョウくんは、確かに半べそ状態です。

「リョウくんは、どうして泣いたの?」
私が尋ねると、彼は答えました。
「俊一が、けってきたの。」

私は、また聞きました。
「リョウ、俊一に何かしたの?」
リョウは、答えました。
「何もしてない、後ろに立ってたら急にふりかえって、けってきた。」

私は、俊一に聞きました。
「どうして、リョウをけったの?」
俊一は、言いました。
「リョウが後ろからけってきたから。」
私は、また尋ねました。

「リョウ、俊一をけったの?」
リョウは、答えました。
「けってない。後ろに立っていただけ。」
「でも、けられた。」
と俊一が言いました。

私は、聞きました。
「俊一、確かにリョウがけるのを見たの?」
俊一は、首をふりました。
「でも、後ろからけられて振り返るとリョウがいたの。」

そこで、やっとけいたが言いました。
「ぼくが俊一をけったの。」
私は、言いました。
「けいた、どうして俊一をけったの?」
けいたは、答えました。
「俊一が机をさわっていたから。」

私は、そのころもう切れかけていました。
でも、がまんがまん。

「あのさ、けいた、俊一に何してるの?って聞いた?」
けいたは、首をふりました。
「あのさ、俊一、リョウにオレをけったか?って聞いた?」
俊一は首をふりました。
「あのね、みゆちゃん、俊一に何でリョウを泣かせたのかって聞いた?」
みゆちゃんは、首をふりました。

その後、みんなといっしょに4人はどうすればよかったのかを考えました。

てめえら、犬小屋の子犬じゃないんだぞ!ヽ(`⌒´)ノ
とは、言いませんでしたが・・・・・。

それから、その後、
あたしがたいちにたのまれて買ってきた400円もする緑亀を、
あつしのばかやろう~が、
3階の窓の外のコンクリートのひさしに乗っけて、
甲羅干しをさせていて、ほっておいて、行方不明になりました。

あつしは、どうしようと私に言いにきました。
私は、言ってやりました。
「きっと、広い世界に旅立ったんじゃない?」

という、今日一日でした。

a0042798_7425699.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-09 07:56 | 魔法学校

多忙な日々

この1週間も忙しかった。
12月13日の本番にむけて、
劇団「たんぽぽ」はフル回転。

と言っても、劇団員は
貴重な休み時間を犠牲にしなければならないので、
うっかり忘れて遊びに行ったり、
テストの間違い直しやら、学級の用事やらで、
なかなかメンバー全員がそろわなかった。

さてこのお芝居、なぜか、たいきが舞台監督になった。
メジャーリーガーを目指す彼は、
3年生から少年野球に入ってがんばっている。

その彼が、キャスティングの時に、たまたまたんぽぽにいた。
舞台監督を誰がやるか話し合おうとした時、
それまで知らん顔で遊んでいたたいきが動いた。

「あのさ、あのさ、それ、おれにやらせて。」
「それって・・・舞台監督のこと?」
「うんうんうん。」
たいきは、必死に頷いた。
「みんながよかったら、私はいいですが・・・。」
そう私が言うと、たいきはくるっとみんなのほうを振り返り言った。

「お願い。お願いします。
俺、一回でいいから『かんとく』ってやってみたかったのよねえ。
お願いしまあっす。」

なるほど、たいき「かんとく」って呼ばれてみたかったのか。
しかしたいき、舞台監督の仕事って、わかってるんだろうか・・・。

でも優しいみんなは、あっさりOKしちゃった。

それから、フック船長の片手を食ってしまったワニ、
この役はたっちゃんがひきうけてくれた。
教室でいたたっちゃんに、
「たっちゃん、ワニの絵描いてくださいね。」と声をかけたら、
それまで熱帯魚の本に夢中になっていたゆうとが、
むくっと頭を起こして、こちらを見た。
「わに?わにって、なに?」
「あ・・いや、ピーターパンの劇に出てくるワニを
たっちゃんがやってくれるんですが、
その絵を描いてもらうんです。」
すると、ゆうとはすくっと立ち上がって言った。
「ゆうと、ワニ描く!」
「もちろん、助かるけど、ゆうとワニの役やってくれるの?」
うんうん、とゆうとは頷いた。
そして、たっちゃんと猛スピードでたんぽぽに消えた。

とりあえず、ワニの台詞は「チクタクチクタク」だけだから、
大丈夫でしょう。ゆうとくん。

で、昨日の土曜はマラソン大会だった。
これについては、また後日。

とにかく、師走。
よねごんも走りまくりでございます。ふぅ

a0042798_22301195.jpg

[PR]
by yonegon_gon | 2007-12-02 22:33 | 魔法学校