魔法学校たんぽぽ教室で、魔女よねごんは暮らしています。可愛い1年生との日々をみなさんにおわけします。


by yonegon_gon

宴の後

金曜日、芝居の小道具、大道具、衣装がちらかったたんぽぽは、
まるで大きなゴミ箱と化していた。

a0042798_20584880.jpg


それを片付けようとしていると、りょうまが来た。
学校は、金曜日から個人懇談。
懇談に来るお母さんを待つ間、
りょうまは、たんぽぽで過ごしたいと言った。

「ゴミ箱状態ですが、どうぞどうぞ。」

どこから手をつけてよいものやら、
ため息混じりのよねごんを尻目に、
りょうまは、ちらかっている段ボールに目をつけて、
こう言った。

「この段ボールで遊んでいい?」
「どうぞ、なぐるなと蹴るなとお好きにしてください。」

それから、小一時間、りょうまは段ボールめがけて、
ずっと、スライディングをやっていた。

それを見ながら、水曜のリハーサルのことを思い出して
よねごんは、ちょっとにやにやしてしまった。

水曜の昼休みのリハーサルは、悲惨だった。

まず、あっくんはお父さん用に保健室から借りてきた、
白いポロシャツをきれいに裏返して着ていた。
それで、ボタンがとまらず、蝶ネクタイが結べなくて、
衣装係さんが困り果てていた。

りょうまは、お母さんの役。
彼には、よねごんの古いブラウスをワンピース代わりに渡してあった。
後ろでファスナーをしめるようになっていたのだが、
りょうまは後ろと前を反対に着て、前でファスナーをしめていた。
お母さんように渡してあったロングのシルバーのカツラは、
ぐちゃぐちゃになって、かぶるとそのまま幽霊みたいだった。

ピーターパン役のこうちゃんは、
リハーサル1分前になっても、着替えずに遊んでいた。

インディアンの手下のたかしのために作った、
ヘアバンドの羽根飾りの羽は、
何度立てても、元気なく倒れてしまった。

インディアンの長の衣装は、よねごんが、
百均で買ってきたフェルトで、丹誠込めて作った力作だが、
衣装係さんは、大あわてだったのだろう、
見事にぐちゃぐちゃに着せてくれた。
しかも、長のあっくんは出番で飛び出してきて、
なぜか「きゃっ」と一声叫んで、引っ込んでしまった。

とりあえず、何とかラストシーンまでこぎつけ、
照明が少し暗くなり、夜の窓のシーン。

窓の向こうの海賊船の形をした雲を眺め、
お父さん、お母さん、子どもたちが
ピーターパンに思いをはせるという、美しいシーン。

やれやれ、これで終わりだと、よねごんが思いかけたその時、
なぜかその美しい窓の下を、
チクタクワニがのそのそと出てきたのである。

「ゆうと!たつや!わにいいいいいい!
なんで、今、そこに出てくるんやあああああああああああああ!」

と、ついにぶちきれたよねごんは、叫んでしまった。

これが、ゆうととたつやの力作のワニでございます。

a0042798_21245868.jpg


裏は、こんな感じ。

a0042798_21253853.jpg


ま、とにかく、あの凄まじいリハーサルを乗り越えれば、
もう本番、何がきても怖くはなかった。

しかし、なんだってあの子たちは、本番、あんなに強いんだろう。
まさに、先生泣かせだよなあ。

そんなことを思いながら、りょうまのスライディングを見ていたら
時間がなくなって、結局たんぽぽは片付かず。

ま、いっか。ははは
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-12-17 21:32 | 魔法学校

ピーターパン大成功!

昨日、劇団たんぽぽは、ピーターパンのリハーサルをやった。
しかし、そのリハーサルは惨憺たるものだった。

今日は、本番。
おりからの雨で、外に遊びに行けない全校のみなさんは、
続々と体育館に集まった。
それに、お母さんやお父さんまで、
わざわざ見に来てくださって、体育館は人でいっぱい。

a0042798_19281827.jpg


よねごんは、昨日急遽準備したハロゲンライト2器のスイッチを押すために、
フロアにスタンバイ。
昨日のめちゃくちゃリハーサルなどものともせず、
劇団たんぽぽのみなさんは、完璧にやってのけてくれた。

a0042798_1931526.jpg


大道具、衣装、照明、効果、
全部、3年生の子どもたちだけでやりきったのだから、
十数年芝居をやってきたよねごんも、感激!

練習時間は、すべて20分の昼休みと15分の業間休みだけという
すこぶるハードな中、よくぞここまでやったもんだ。

a0042798_19332846.jpg


「次、西遊記やろう!」
「桃太郎!」「シンデレラ!」

お芝居が終わったすぐ後から、もう次の話がわいわいと・・
うれしんだけど、よねごんはしばらくお休みしたいと
ちょこっと、思ったりしてるんですが・・・

とにかく、大成功のピーターパン。
みなさん、お疲れさまでした。
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-12-13 19:37 | 魔法学校

誕生日

昨日は、よねごんの誕生日だった。
今日、日頃お世話してあげている子どもたちから、
すてきなプレゼントが届いた。

a0042798_21532396.jpg



では、ご紹介。
みさちゃんは、指編みで編んだコースター。
つぐみちゃんは、クリスマス仕様のフェルトのしおり。
あいりちゃんは、モールで作ったきれいな指輪。
たいきは、これも指編みで根気よく編んだマフラー。
りこちゃんは、透明な色紙で折ったかわいい紙風船とハート。
それから、お祝いのカードなどなど。

今年も幸せな誕生日のよねごんでした。
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-12-10 21:52 | 魔法学校

遠い昔の日記1

パソコンを買い換えて整理していたら、
かなり昔の日記のデータがあった。
これは、何年も前、5年生を担任したときの日記。
あんまりおもしろいので、少しご紹介。

a0042798_7532088.gif


教室に行くと、みゆちゃんがやってきました。
「俊一が、30センチざしで背中をたたくの。」
私は、聞きました。
「俊一、どうしてみゆちゃんをたたいたの?」
俊一は、答えました。
「だって、なんかいっぱい言ってくるもん。」

私は、聞きました。
「みゆちゃん、何言ったの?」
みゆちゃんは、答えました。
「だって、俊一がリョウを泣かせたから・・・。」
リョウくんは、確かに半べそ状態です。

「リョウくんは、どうして泣いたの?」
私が尋ねると、彼は答えました。
「俊一が、けってきたの。」

私は、また聞きました。
「リョウ、俊一に何かしたの?」
リョウは、答えました。
「何もしてない、後ろに立ってたら急にふりかえって、けってきた。」

私は、俊一に聞きました。
「どうして、リョウをけったの?」
俊一は、言いました。
「リョウが後ろからけってきたから。」
私は、また尋ねました。

「リョウ、俊一をけったの?」
リョウは、答えました。
「けってない。後ろに立っていただけ。」
「でも、けられた。」
と俊一が言いました。

私は、聞きました。
「俊一、確かにリョウがけるのを見たの?」
俊一は、首をふりました。
「でも、後ろからけられて振り返るとリョウがいたの。」

そこで、やっとけいたが言いました。
「ぼくが俊一をけったの。」
私は、言いました。
「けいた、どうして俊一をけったの?」
けいたは、答えました。
「俊一が机をさわっていたから。」

私は、そのころもう切れかけていました。
でも、がまんがまん。

「あのさ、けいた、俊一に何してるの?って聞いた?」
けいたは、首をふりました。
「あのさ、俊一、リョウにオレをけったか?って聞いた?」
俊一は首をふりました。
「あのね、みゆちゃん、俊一に何でリョウを泣かせたのかって聞いた?」
みゆちゃんは、首をふりました。

その後、みんなといっしょに4人はどうすればよかったのかを考えました。

てめえら、犬小屋の子犬じゃないんだぞ!ヽ(`⌒´)ノ
とは、言いませんでしたが・・・・・。

それから、その後、
あたしがたいちにたのまれて買ってきた400円もする緑亀を、
あつしのばかやろう~が、
3階の窓の外のコンクリートのひさしに乗っけて、
甲羅干しをさせていて、ほっておいて、行方不明になりました。

あつしは、どうしようと私に言いにきました。
私は、言ってやりました。
「きっと、広い世界に旅立ったんじゃない?」

という、今日一日でした。

a0042798_7425699.jpg

[PR]
# by yonegon_gon | 2007-12-09 07:56 | 魔法学校

多忙な日々

この1週間も忙しかった。
12月13日の本番にむけて、
劇団「たんぽぽ」はフル回転。

と言っても、劇団員は
貴重な休み時間を犠牲にしなければならないので、
うっかり忘れて遊びに行ったり、
テストの間違い直しやら、学級の用事やらで、
なかなかメンバー全員がそろわなかった。

さてこのお芝居、なぜか、たいきが舞台監督になった。
メジャーリーガーを目指す彼は、
3年生から少年野球に入ってがんばっている。

その彼が、キャスティングの時に、たまたまたんぽぽにいた。
舞台監督を誰がやるか話し合おうとした時、
それまで知らん顔で遊んでいたたいきが動いた。

「あのさ、あのさ、それ、おれにやらせて。」
「それって・・・舞台監督のこと?」
「うんうんうん。」
たいきは、必死に頷いた。
「みんながよかったら、私はいいですが・・・。」
そう私が言うと、たいきはくるっとみんなのほうを振り返り言った。

「お願い。お願いします。
俺、一回でいいから『かんとく』ってやってみたかったのよねえ。
お願いしまあっす。」

なるほど、たいき「かんとく」って呼ばれてみたかったのか。
しかしたいき、舞台監督の仕事って、わかってるんだろうか・・・。

でも優しいみんなは、あっさりOKしちゃった。

それから、フック船長の片手を食ってしまったワニ、
この役はたっちゃんがひきうけてくれた。
教室でいたたっちゃんに、
「たっちゃん、ワニの絵描いてくださいね。」と声をかけたら、
それまで熱帯魚の本に夢中になっていたゆうとが、
むくっと頭を起こして、こちらを見た。
「わに?わにって、なに?」
「あ・・いや、ピーターパンの劇に出てくるワニを
たっちゃんがやってくれるんですが、
その絵を描いてもらうんです。」
すると、ゆうとはすくっと立ち上がって言った。
「ゆうと、ワニ描く!」
「もちろん、助かるけど、ゆうとワニの役やってくれるの?」
うんうん、とゆうとは頷いた。
そして、たっちゃんと猛スピードでたんぽぽに消えた。

とりあえず、ワニの台詞は「チクタクチクタク」だけだから、
大丈夫でしょう。ゆうとくん。

で、昨日の土曜はマラソン大会だった。
これについては、また後日。

とにかく、師走。
よねごんも走りまくりでございます。ふぅ

a0042798_22301195.jpg

[PR]
# by yonegon_gon | 2007-12-02 22:33 | 魔法学校

ピーターパン

1週間のご無沙汰です。(このセリフ、若い人は知らないだろうなあ・・・)

さて、音楽会が終わった次の週から、よねごんを連日出張が待っていた。
秋のこのシーズンは、なぜか研修や研究大会が目白押し。
出張は、ほぼ午後からなのだが、
まともに放課後まで学校にいる日がなかった。

ところで、第9回漫才ショーは、(実は、漫才ショーはまだ続いていた。)
音楽会の1週間前に開催されたのだが、
当日の雨もあって、またまた大盛況だった。

今回は、子どもたちが校長先生にも招待状を贈った。
校長先生は、優待席に座って見学してくれた。
で、なんと!校長先生が毎月、PTAむけに発行している
「校長室の窓」という機関誌(といっても、B4一枚のものだが)に、
漫才ショーをとりあげてくれた。それも、写真入りで。
ほんとのところ、ひっそりとやっていたかったよねごんではあったが、
まあ、子どもたちが喜んでいたので、よかったのかな。
いったい、いつまで漫才ショーは続くのだろう・・・

その漫才ショーが終わった頃、
まほちゃんとあやかちゃんと、はるなちゃんが、たんぽぽにやってきた。

「あのさ、よねごん。劇したいのよね。劇。」
まほちゃんが言った。
「げ・・・劇・・ですか?」
「うん、これしたいの。」
あやかちゃんが、一冊の本を見せた。
ディズニーのピーターパンの絵本。
「ピーターパン・・ですか。」
「劇したいの。」はるなちゃんが言った。
「あ・・はい、わかりました。やりましょう。」
「やったあ!」三人の女の子たちは大喜び。

ということで、週末シナリオを作ってくることを約束してしまったよねごん。
昼休みの15分で、ピーターパンの劇を上演するなんて、
プロの腕利きの演出家でも、無理って言うような気もするんだが・・・

その話を、隣のクラスのみやさこ先生に話すと、彼はこう言った。
「漫才ショーにも、ミュージックステーションにも出ない子たちが、
ほんとは、たんぽぽでみんなが練習するのをうらやましく思っていたんですよ。
自分たちにも、何かできることはないかって、きっと探したんじゃないかな。
うまくいくといいですね。」

なるほど、とりあえずやってみるか。
ということで、すべてのキャストと裏方は、子どもたちが決め
劇団「たんぽぽ」は始動した。

これが、大道具さんが作った模造紙8枚の力作のネバーランド。
a0042798_9191988.jpg


これは、ピーターパンの影。


a0042798_9231861.jpg


練習初日、台本を忘れた数名が、
さっそく鬼演出家よねごんから怒鳴られた。
「役者にとって台本は命。それを忘れるなんて、
次、同じことがあったら首だあ!」

本番は、12月。ポスターはもうあちこちに貼られ、
チケットの売り上げも上々らしい。
さてさて、どうなることか・・・
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-11-24 09:24 | 魔法学校

校内音楽会

先週の土曜日、我が校の一大イベント「校内音楽会」が開催された。
相変わらず、何でも屋家業のよねごんは、
音楽会のために、山のような仕事に没頭していた。

一年生が当日かぶるお面帽子のデザイン。
犬の帽子の見本をいただき、ねずみ、猫、カラス、蝶にアレンジするというもの。
これは、猫のデザインが大変だった。
どう頑張っても、トラみたいになる。まあ、なんとかやっつけた。

次は、5年生の依頼。
彼らは、スターウォーズのテーマを演奏するのだが、
そのとき登場するダースべーダーのマントを、
ほこりまみれの古い体育館のカーテンで作るというもの。
これは、すべて手縫いでやっつけた。
ミシンで縫うと、縫い直しがめんどくさいからだ。
テレビを見ながら、夜なべ作業となった。

次は、我が学年の演奏するマンボNO5に登場する、
ダンシングチームの衣装。

本校の吉本興業を自負する三年生は、
とりあえず演奏をカバーするために、
華やかなダンシングチームを登場させることにした。
その衣装は、カラーゴミ袋をつぎはぎにして作った袖。
これを6人分、12枚作った。
なかなか、重労働だった。

a0042798_8134913.jpg


でも、子どもたちの熱演のおかげで、大受け。
会場を埋め尽くした観客から、拍手喝采を受けた。

次は、音楽会と同時に開催された、校内作品展の看板作り。
作品は、三年生になってから作ったり、書いたりした
図工や書写や社会、理科などのまとめたもの、
どれでも好きな物を3点、子どもたちが個々に選んで出品する。

a0042798_819215.jpg


その作品のそれぞれの看板の制作を担当。
たった一人、こうきが出品した風で走る自動車の看板は、
よねごんが全勢力をつぎこんで作った。
看板に、名札つけておけばよかったな・・

a0042798_818187.jpg


作品展と音楽会が終わると、待ってましたとばかりに出張が目白押し。
金曜日は、放送視聴覚の近畿大会が近くの町で開催され、
よねごんは、駐車場係として動員。
家を7時に出て、8時から9時半までスーパーの警備員さんのように、
「はい、バックバック。オライ!オーライ!ストップ!」
と、働き続けた。急に気温が下がったので、かなり冷えた。

来週も忙しくなりそうだ。はぁ
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-11-17 08:22 | 魔法学校
もう誰も来てくれないかな・・と思いつつ、したためます。
ちなみに、よねごんも子どもたちも元気です。

運動会の前から書いてないなんて、もう11月なのに^^;
運動会は、前半なんとか無事終了したのですが
昼前から雨が降り始め、気温も低く、
結局残り7ゲームを残して延期となりました。
よねごんが作った大作、金閣と銀閣は、
実は、百均の安物の絵の具で塗ってあり、
しかも、のっくらさんが言ってくださった防水スプレーを買う予算もなく、
もし雨の中、運動会が続行されていたら、
きっと想像しただけでぞっとするような、無惨な姿になっていたことでしょう。
でも、不幸中の幸いと言うか、
金閣銀閣を使う1,2年生の競技は、延期になりました。

結局、運動会の後半競技は、次の週の火曜日に行われ、
晴れ渡った空の下、金閣、銀閣は無事役目を終えました。

a0042798_19524973.jpg
a0042798_19535087.jpg

作っているころから、ゆうとがたんぽぽにうろうろ来ては、
「これ、欲しい。」と言い続けていました。
「これって、これ?」
よねごんが、でっかい金閣を指さすと、ゆうとはうんうんと頷きました。
「運動会が終わればいらなくなりますから、
欲しいと言われれば差し上げてもよろしいが、
とりあえず、お母さんの了解を得た方がいいかと・・・。」
「欲しい!」
「で、あの、もし持って帰ったとして、これをどこに置くつもり?」
「ゆうとの部屋!」ゆうとは、きっぱりと言い切りました。
「部屋・・・。」

結局、後で聞いた話ですが、
銀閣はよしきとよしきのお母さんが家に持って帰ったそうです。
何でも、地域のお祭りに使うらしいとのこと。

ゆうとは、お母さんのお許しが出なかったみたい。

まあ、苦労して作ったから、よかったよかった。

で、運動会と言えば思い出すのが、もう何年か前の運動会のこと。
うちの学校は、大きなニュータウンの真ん中にあるんですが、
運動場の向こう側に、この地域の集会場があります。
その運動会の日、集会場でお葬式がありました。

運動会を中止するわけにもいかず、管理職がそのお家に伺うと、
亡くなったのは、90歳を超えるおばあさんで、
子どもがとても好きだったから、運動会の日にお葬式ができて、
きっと喜んでおりますと、そのお家の方がおっしゃっていたそです。

とりあえず、運動会が始まったのですが、
子どもたちが競技をしている間は、
にぎやかなBGMが響き渡っています。
でも、競技が終わって次の競技に移る間、しばらくの静寂があります。
その静寂の中聞こえてくるのは、集会所から響く、お坊さんのお経です。

にぎやかな運動会の音楽とお坊さんのお経。

なんとも、不思議な運動会でした。
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-11-08 19:58 | 魔法学校

作品

この1週間、よねごんは、またたんぽぽにこもって、
でっかい作品を作っていた。

学校は、マジで暑い。
子どもたちが帰った放課後、たんぽぽの床に座り込んで、
作品を作っていると、額から汗が流れ落ちる。
首にかけたタオルで、汗をぬぐう。

たんぽぽは、二階。
上の三階の教室で、金管バンドの子どもたちが、ドラムの練習をしている。
机をスティックで叩くと傷がつくからだろうか、床を叩いている。
その音が、天井からカカカッカッカっと響き続ける。

中庭では教頭先生が、この暑いのに、草刈り機で草刈りをしている。
その、大きなエンジン音がガーっっと響きわたっている。

同じ階のローカのむこう、4年生の教室では、
運動会の応援団のみなさんが、応援の練習に興じている。
おそろしく音程のはずれた応援歌が、
耳鳴りがするほどでかい声で響いている。

天井から響くスティックの連打と、草刈り機のジョリジョリガーガーいう音と、
応援団の怒鳴り声の中で、迫り来る蚊の群れと戦いながら、
汗をぬぐって、たんぽぽにいるよねごん。

誰が知っているだろうか、この先生の苛酷な労働条件を。

そして、その苦労の中でよねごんが何を作ったか。
ご披露いたしましょう。

a0042798_19511831.jpg


なにかわかりますか?
こないだまで作っていた西遊記の「金閣」「銀閣」でございます。
これを2セット作って、厚紙に貼り筒状にして、運動場に立てる予定。

でっかすぎるかと不安はあったけど、とりあえず完成。
あとは、どうしてたてるか・・・へへへ^^;
あ、大きさがわかるようにとモデルになってくれたのは、けんごです。
ありがと。

昨日は、半日炎天下で、予行練習があった。
どこかの中学校では、熱中症で何人か倒れたとか。
幸い、うちの子どもたちは元気だったけど。

今年の9月は、厳しい日々でございます。
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-09-21 19:56 | 魔法学校

年中行事

実は、8月の最後の土日から、今日まで、
よねごんがせっせと作っていたものがある。
それが、これ。

a0042798_9595726.jpg
a0042798_100777.jpg




a0042798_1004356.jpg
a0042798_101991.jpg




なんだかわかりますか?
映画にもなったしんごちゃんの西遊記の衣装と小道具。
夏休みの終わりに、低学年の先生から、
運動会で西遊記のかっこうをして団体競技をするのだが、
何か作ってもらえないかと言われて、作ったもの。

夏休み最後の二日で、実は、如意棒とかその他の小道具は作り上げていた。
ところが、二学期になって
子どもたちに西遊記の映画のパンフレットを見せてもらって、びっくり仰天。

私が知っていた沙悟浄は、月刃の杖「降妖宝杖」を持っていた。
で、早々に月刃の杖は作り上げてあった。
でも、映画の彼は、庭で使う小さなくわのようなものを両手に持っているのだ。

せっかく作った杖は、無用の長物となった。

それに、すでにできていた悟空のカツラ、
何と、今の悟空は金髪なのだ。シンジラレナイ^^;

かつらをほどいて、金髪に見える布を貼り付ける。

後は、今日中に猪八戒の持っている杖を作るのと、
装束を着て走った子どもたちが、ボールを投げ入れる的にする、
銀閣、金閣を作るだけ。

去年は、これ。一昨年は、これ。
学校の大道具・小道具係りのよねごんの仕事は、毎年大がかり。

大変だけど、物を作るのは楽しいものです。
では、これから頑張って作り上げます(・_・ゞ-☆
[PR]
# by yonegon_gon | 2007-09-17 10:27 | 魔法学校